中南米

【美食の国ペルー】大人気のペルー料理が美味しい理由|日本移民が与えた影響も

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も
ぴっぴ

こんにちは、世界一周経験者のぴっぴです。



世界にはいろんな美味しい料理がありますよね。

そのなかでも『ペルー料理』がめちゃくちゃ美味しいって、みなさん知ってました?

そう、あのマチュピチュで有名なペルーです。

ポン

ペルー、ペルー、ペルー…
あんまり馴染みがない国だなぁ。
どこにあるんだっけ?


ペルーは南アメリカ西部に位置しています。

日本からするとまさに地球の裏側ですね。

大人気の世界遺産がある国としても知られるペルーですが、個人的に驚いたのがその美食っぷり。

私が世界一周をしているとき、明らかにほかの中南米諸国とは一線を画すあまりのペルー料理の美味しさに驚愕しました。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も セビーチェ

しかもペルー料理は、日本の食文化とも深い関わりがあったのです。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も アロスコンマリスコス
ぴっぴ

今回は、現地を旅した私がペルー料理の美味しさの秘密にせまります。

ポン

どんな料理があるのかも気になるー!

この記事でお伝えすること
  • 代表的なペルー料理
  • ペルー料理が美味しい理由
  • 日本人移民がペルー料理に与えた影響
スポンサードリンク

世界一周中、ペルーの美食っぷりに度肝を抜かれた

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も リマ

ペルーを旅したのは2016年のこと。

当時私は世界一周中で、日本を出発してからメキシコ・キューバ・グアテマラ・コロンビアの順番で南下していました。

(▼私の中南米の旅ルート▼)

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も

私がペルーの旅で最も楽しみにしていたものは、ペルー料理です。

ぴっぴ

実はペルーに入る前から、多くの旅人が「ペルー料理はうますぎる!」と絶賛しているのを耳にしていたのです。



私は中南米を旅しているあいだ、正直なところ心から「美味しい」と思えた食事にはなかなかありつけず、食に関しては苦戦続きでした。

多くの人に愛されるメキシコ料理でさえ、私の口に合わなかったのです。
(なぜだ…)


ポン

メキシカン美味しいのに…



ところが、ペルーに入って驚いた。

美味い!美味い!美味い!

ぴっぴ

噂に聞いていた通り、何を食べても美味しいのです…!

ポン

なんと!



これには本当に驚きました。

ペルーには3週間ほど滞在していたのですが、毎日無我夢中でペルー料理を食べ、1日3食では足りないほどでした。

ぴっぴ

ペルーを含め中南米9ヵ国国を5カ月間半かけて旅しましたが、個人的にはペルー料理がぶっちぎりのトップでした。

代表的なペルー料理

ポン

実際にどんな料理があるの?

ぴっぴ

ペルー料理は本当にバラエティ豊富なんだけど、私も現地で食べた代表的なペルー料理を紹介するね。



まずはペルーの代表的な国民食「ロモ・サルタード」です。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も ロモサルタード

牛肉の細切り、玉ねぎ、トマト、フライドポテトを炒めたものにご飯を添えた料理。

味付けは醤油ベースです。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も ロモサルタード
ポン

え!
ペルーでも醤油が使われるんだ!

ぴっぴ

うん、醤油ベースだから日本人の口にも合いやすいよ。

ローカルだと1食150円くらいでおなか一杯食べられて、貧乏旅の私はめちゃくちゃ助かった!



「セビッチェ」は、白身魚・タコ・エビ・イカなどをレモンと酢であえ、最後に紫玉ねぎをのせた海鮮マリネです。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も セビーチェ
ぴっぴ

とてもサッパリしていて美味しいです。



「アヒ・デ・ガジーナ」はペルー版マイルドカレー。

鶏肉をペルー特産の黄色い唐辛子(アヒアマリージョ)とクリームで煮込んだものをご飯にかけて食べます。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も アヒデガジーナ
アヒアマリージョ

スペイン語で「アヒ Ají」=トウガラシ、「アマリージョ Amarillo」=黄色、つまり黄色唐辛子です。

英語ではイエローホットペッパーと呼ばれ、ペルー料理には欠かせない香辛料。

唐辛子をすりつぶし、油・塩・生チーズ・ハーブで味を調えたペーストがよく使われます。

ペルーの多くの家庭ではアヒアマリージョが常備されているそう。


ゆで卵やオリーブ、ジャガイモなどが大抵トッピングされます。

ぴっぴ

とてもマイルドな味わいで、個人的には1番好きなペルー料理でした。

「アロス・コン・マリスコス」は、エビ・イカ・タコ・アサリなど魚介類の炊き込みご飯です。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も アロスコンマリスコス

「ソパ」と呼ばれるスープは、鶏肉や野菜入りからパスタ入りまで種類豊富。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も ソパ
【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も
【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も ソパ

ソパ・クリオージャはトマトベースのミルク系スープです。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も ソパ・クリオージャ

(マチュピチュ村で食べたソパ・クリオージャ▲▲)


トマトの酸味があるまろやかなスープの中に、牛肉や細麺パスタなどの具が入っています。

ぴっぴ

唐辛子の色で赤っぽくなっていますが、辛くありません。



パスタと一緒に野菜やお肉を醤油などで炒めたタジャリン・サルタードは、ペルー版焼きそば。

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も タジャリンサルタード
【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も タジャリンサルタード

(リマのローカルレストランで食べたタジャリン・サルタードは230円くらいだった▲▲)


茹でたジャガイモの上にチーズ・黄唐辛子・ミルクなどでできたソースをかけたパパ・ア・ラ・ワンカイーナ

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も パパ・ア・ラ・ワンカイーナ

牛の心臓を串焼きにした、アンティクーチョ

【美食の国ペルー】なぜペルー料理は美味しいのか?|日本移民が与えた影響も アンティクーチョ

料理ではないですが、リマの建設400年を記念して1935年に誕生したインカコーラもとても有名です。

ペルーで出会った旅人はみんな飲んでいました(笑)。

インカコーラ



ぴっぴ

この他にも本当にたくさんのペルー料理があります。

ポン

どれもめちゃくちゃ美味しそうだね~!

なぜペルー料理はこんなに美味しいのか?

ポン

でも、なんでペルー料理はそんなに美味しいの?

ぴっぴ

それにはおもに2つの理由があるよ。

スポンサードリンク

1、食材が豊富だから

1つ目の理由は、ペルー料理に使用される食材が非常に豊富だということです。

ペルーの国土は大きく3つに分かれ、地域により気候が異なるため、とれる食材もバラエティ豊富なのです。

ペルー国土の3つの地形
  1. 太平洋沿いの海岸地帯
  2. アンデス山脈が横たわる山岳地帯
  3. アマゾンの熱帯雨林

太平洋沿いの海岸地帯

首都リマをふくむ海岸地帯では、新鮮な魚介類が豊富にとれます。

ペルーの首都リマの新市街、ミラフローレスの海岸

(ペルーの首都リマの新市街、ミラフローレスの海岸▲▲)

海岸地帯での主食はです。

水産大国ペルーでは、日本のようにタコ・イカ・エビなどをよく食べます。

ぴっぴ

いろいろ海外をまわってきましたが、タコを食べたり魚介を生食する文化がある国って案外少ないんですよね。

アンデス山脈が横たわる山岳地帯

ペルーのアンデス山脈は、じゃがいも・トマト・とうがらし・とうもろこし・ピーナッツなど主たる農作物の原産地です。

じゃがいもの種類は300種を超え、主食はイモです。

ぴっぴ

標高が4,000mを超えると作物が栽培できないので、アルパカやリャマなどの牧畜も盛んです。

アマゾンの熱帯雨林

アマゾンの熱帯雨林では、バナナや淡水魚が豊富にとれます。

ユカ(キャッサバ)が主食で、酒の原料にもなります。

ペルーの料理体系
  1. 海岸部の「クリオージャ料理」
  2. 山岳地帯の「アンデス料理」
  3. ジャングル地帯の「アマゾン料理」
ぴっぴ

多様な風土がバラエティ豊かな自然食材を生み出しているんですね。



こちらは私がペルーの首都リマに滞在していたときに訪れた「ペルー料理館」のパネルです。

ペルー料理館
ポン

地域ごとに郷土料理も全然違うんだね。

2、多様な食文化が融合して創り出されたものだから

2つ目に、ペルー料理は様々な国の食文化が融合して創り出されたものであるということです。

ぴっぴ

ペルー料理はペルーの先住民・ヨーロッパ・アフリカ・アジアなど色んな国の食文化が融合して確立しました。

元々ペルーには、イモを中心とした先住民の食文化がありました。

ペルー料理館

しかし16世紀にスペインによる植民地支配が始まり、新たな食材と一緒にスペイン料理がペルーに伝わってきました。

以来、他のヨーロッパやアジアの国々からも多くの移民がペルーにやってきて各国の食文化を持ち込んだのです。

ポン

そうか、そこでヨーロッパやアジアの食文化が波及したんだね。

ぴっぴ

そう。
アフリカからも多くの人々が奴隷として連れてこられて、アフリカの食文化も加わったんだよ。



19世紀にはいるとイタリア・中国・日本からの移民も大量にやってきます。

ペルー料理は移民の食文化の影響を受けながら、それを取り入れることによって、独自の食文化を育ててきたのです。

たとえばタジャリン・サルタード

これはイタリア移民が持ちこんだパスタに中国移民が持ち込んだ醤油で味付けされています。

また、アンティクーチョはアフリカから連れてこられた奴隷たちが生み出したものだそうです。

ぴっぴ

つまりペルー料理は、多様な食文化のいいとこどりをして「美味しい」を合体させているんですね。

ポン

それでペルーの美食が誕生したというわけか!


「ニッケイ料理」日本移民がペルー料理に与えた影響

実は日本移民もペルー料理に大きな影響を与えています。

それに代表されるのがニッケイ料理です。

出典:World Food Watch
ポン

ニッケイ料理?

ぴっぴ

ニッケイ料理とはペルーに移民した日本人が持ち込んだ食文化の影響を受けて、ペルーで発展した料理のことだよ。


「ニッケイ」とは「日系」のことで、明治時代に日本からペルーに移住した移民とその子孫のことを指します。

「ニッケイ料理」は彼ら日系移民やその子孫たちが、日本の食の技術とペルーの豊富な食材をかけ合わせたことで生まれたものなのです。

出典:World Food Watch
ポン

和食とペルーの食文化を融合した新スタイルの料理ってことか!

ぴっぴ

うん、ニッケイ料理は食のジャンルの1つとして確立されているよ。

世界のベストレストランにランクインする店もあるくらいなんだ。

Misoshiru de Camarones(ミソシル・デ・カマロネス)

海老から摂った旨味と日本の味噌をかけ合わせ、ペルーの調味料で味付けした味噌&海老の奇跡のコラボスープです。

引用元:クックビズ総研
出典:クックビズ総研

Tempura de plátano y mango(テンプラ・デ・プラタノ・イ・マンゴー)
デザート感覚で楽しめるてんぷらの一品。マンゴーとバナナを“Manjar Blanco(マンハール・ブランコ)”というペルーのキャラメルクリームでコーティングし、揚げたもの。

引用元:クックビズ総研
出典:クックビズ総研

Udon Batayaqhi(ウドン・バタヤキ)

バターで焼いたうどんにパルメザンチーズ・魚介類を加えたもの。最後にかつお節をトッピングし、上からライムを絞っています。

引用元:クックビズ総研
出典:クックビズ総研
ポン

どれもすっごく美味しそうだね!

明治時代にペルー移住した日本人たちの苦悩と努力

ぴっぴ

しかし、当初ペルーに移民した日本人たちは本当に大変だったようです。


リマの「日秘文化会館」の2階にある「ペルー日本人移住史資料館」では、日本人移民の歴史が様々な展示物やパネルで紹介されています。

ペルー日本人移住史資料館

日本がペルーに初めて移民としてやってきたのは1899年のことです。

ぴっぴ

明治維新後、生活に困った多くの農業従事者が、より良い収入を求めて国外へ出稼ぎ移住したのです。



当時の日本人移民たちのスーツケースやパスポート。

▲ペルー日本人移住史資料館の展示▲

▲ペルー日本人移住史資料館の展示▲

ぴっぴ

当時のはるか遠い異郷の地への旅路は命がけで、さぞかし勇気が必要だったことでしょう。

ポン

それでもみんな、希望を抱いていたんだね。



しかし実際にペルーで彼らを待ち受けていたのは、劣悪な労働環境、人種差別、風土病被害でした。

当時の移住者たちの苦労ははかり知れません。

しかしそんな厳しい環境下でも、彼らは必死に生き抜きました。

少しずつ田畑を開拓し、日本式の稲作を伝え、その地道な努力がペルー料理の発展に大きく貢献したのです。

その後も長い年月を経て、数千人もの日本人が移住していきました。

ぴっぴ

私の地元岡山からも多くの人がペルーに移住していたようです。

▲ペルー日本人移住史資料館の展示▲


ペルーでは、日本人好みの粘りがあるお米や、大根・もやし・ゴボウなどの野菜も手に入れやすいです。

また現在のペルー料理に欠かせないタコも、日系人が料理に使うことで次第に定着していきました。

▲日秘文化会館1階の日本食料理屋「Nakachi」の親子丼▲

▲日秘文化会館1階の日本食料理屋「Nakachi」の親子丼▲

ポン

日本の食文化や技術をペルーの人たちが受け継いでくれているのは、とっても嬉しいね。

ぴっぴ

祖国の食文化を守りながらペルー料理を発展させたご先祖様には尊敬の念を感じるし、誇りに思うね。



ペルー料理を通じて日本とペルーに深い結び付きがあることを知りました。

私も家でペルー料理を作ってみた

世界一周でペルー料理に惚れた私。

ぴっぴ

4年の時を超えて、自宅でペルー料理を再現してみることにしました。


まずはセビーチェ

セビーチェ

バンコクでは生食できる魚介を売っている場所が少ないのですが、日系スーパーでお刺身を買って、レモン汁・塩・オリーブオイルで味付けしました。

それからロモサルタード

ロモサルタード

クミンパウダー・オレガノ・パプリカパウダーなどをスパイスに、冷凍ポテトや野菜や牛肉を炒めました。

ロモサルタード

やっぱりペルー料理美味しい♡

ぴっぴ

私でも作れる簡単レシピも多いので、ぜひ興味がある方はペルー料理に挑戦してみてくださいね♪

ポン

ボクも作ってみたい~!

まとめ

いろんな国の影響を受けながら独自の食文化を育んできた美食の国ペルーは、実は日本とも深い繋がりがありました。

今ペルー料理は世界中の美食家から注目を集めています。

ペルー料理を見かけた際には、ぜひ皆さんも食べてみてくださいね♪

ぴっぴ

私もバンコクのペルー料理レストラン開拓してみようっと♪

ポン

ボクも行く~!


スポンサードリンク

>