フォニックス

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加【内容・雰囲気・感想をシェアします】

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加【内容・雰囲気・感想をシェアします】
ぴっぴ

こんにちは、バンコク在住のぴっぴです。



英語学習方法のひとつ『フォニックス』について、これまでいくつかの記事でお話させてもらいました。


(フォニックスってなに?という方はこちらの記事からどうぞ▼▼)


今回は、バンコク開催『Jolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップ』に参加した私が、その内容・雰囲気・リアルな感想をお伝えします。


ワークショップでは、Jolly Phonicsのメソッドを使った児童向けのフォニックス指導トレーニングを受けることができます。

この記事を読んで分かること
  • 講師について
  • ワークショップの雰囲気
  • トレーニング内容
  • 私個人のリアルな感想
  • ワークショップの申し込み方法

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
ポン

バンコクでJolly Phonicsのワークショップなんかあるんだね!


Jolly Phonics(ジョリーフォニックス)とは、イギリスで考案された児童向けのフォニックス学習メソッドのひとつです。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

『シンセティックフォニックス』という新しい学習法を用いており、現在世界100ヵ国以上の学校で採用されています。


(シンセティックフォニックスについて詳しく知りたい方はこちらから▼▼)


バンコクでJolly Phonicsのワークショップがあることは、友人から教えてもらって知りました。

(※日本各地でもワークショップは開催されているようです)

ポン

ぴっぴはなぜJolly Phonicsのワークショップに参加したの?

私は現在子どもはいませんし、英語の教育者としての経験も皆無ですが、

  • 英語学習者としてフォニックスに強い関心があった
  • Jolly Phonicsの指導法に大きな可能性を感じていた
  • もしチャンスがあれば、将来日本の子どもたちにフォニックスを教えてみたい

などの理由から参加を決めました。


ぴっぴ

実際に参加してみて、想像以上に充実した内容ですごく勉強になりました。


それではここからワークショップの概要について詳しく紹介していきます。


この記事に向いている人
  • お子さんのフォニックス教育に興味があるパパ・ママ
  • Jolly Phonicsの指導法を学びたい英語教師
  • ワークショップの参加を検討している方
  • フォニックスに興味がある英語学習者
スポンサードリンク

バンコクのワークショップ会場『Jolly Kids Books』

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加 Bangkok

バンコクのワークショップは『Jolly Kids Books』が主催しています。

ワークショップの会場はJolly Kids Booksの建物2階です。

建物1階には、イギリスから輸入したJolly Phonicsの教材が陳列されています。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

こちらで直接教材を購入することができます。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

ワークショップは朝9時から夕方4時半までです。

ワークショップの参加を検討されている方は、『Jolly Kids Books』ホームページから日程や参加費などの詳細をチェックしてみてくださいね。

早割りなどもあります。


ぴっぴ

私はホームページに記載されたメールアドレスから参加申し込みをしました。

講師の経歴

ポン

ワークショップの先生ってどんな人なの?

ぴっぴ

講師の先生の自己紹介動画があるよ。

講師のロック先生は、「Jolly Phonics」と「Jolly Grammer」の公認トレーナー

タイやミャンマーの学校などでフォニックス指導をする、知識と経験豊富なスペシャリストです。

また教師向けのトレーニング指導も行っています。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

ロック先生には数多くの実績があり、生徒の多くは「英語をほとんど話せないレベル」から飛躍的な進歩を遂げているそうです。

対象者

このワークショップは主に、次のような人が対象です。

子どもにJolly Phonicsで読み書きを習得させたい

  • 英語の指導者



実際に当日の参加者に話を聞いてみると、「現役の英語の先生」「子どもをバイリンガルに育てたいママ・パパ」がほとんどでした。

ぴっぴ

親でも英語教師でもない私はかなり異色でした(笑)。



参加者の国籍は様々。

半数以上がタイ人で、その他アメリカ人イギリス人、私たち日本人などがいました。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

ネイティブ・非ネイティブ関係なく、

「Jolly Phonicsについて知りたい。学びたい。レッスンに取り入れたい。」

Jolly Phonicsに興味があるすべての人がワークショップに参加できます。

ワークショップの内容

ワークショップはすべて英語で行われます。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

ワークショップは2つのステージに分かれています。

  1. Jolly Phonics (ジョリーフォニックス)
  2. Jolly Grammar(ジョリーグラマー)


通常は「1日目がJolly Phonics」「2日目がJolly Grammar」と連続で受講できます。

しかし現在はコロナの影響もあってか、バンコクにおいてはJolly Grammarの開催は直近で予定されておりません

ぴっぴ

Jolly Grammarの開催が決まったら、私も次回申し込む予定です。


スポンサードリンク

ワークショップの雰囲気

ポン

ワークショップはどんな雰囲気だった?


過去のワークショップの動画があるので、雰囲気を知りたい方はこちらをご覧ください。

ポン

和気藹々として良い雰囲気だね。

ぴっぴ

始終あたたかい雰囲気で、とても楽しかったよ。



ワークショップの内容をざっくりと振り返ってみます。

午前中

ワークショップは、アクションを使った参加者の自己紹介から始まります。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
ぴっぴ

アクションを交えた自己紹介で、楽しいアイスブレイクでした。


そして、ロック先生による講義がスタート。

午前中のプログラムはざっくりこんな感じです。

  1. ジョリーフォニックスとは?
  2. シンセティック・フォニックスとは?
  3. 読み書きのために必要な5つの基本技能
  4. 基本的なレッスンプラン
  5. ジョリーフォニックスの42の音、ストーリー、アクション紹介
バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

スライド説明があったり、参加者も立ち上がってJolly Phonicsの基本音42個のアクションをみんなで実践してみたりします。

ぴっぴ

Jolly Phonicsのフォニックスソングの歌とアクションをある程度覚えておくとベターです。


フォニックスソングのアクションを全員で練習したときは、「体の動きだけでなく表情を変えることも大事」だと教えてもらいました。


先生がこのようにおっしゃっていたのも印象的でした。

子どもたちに英語指導をするとき、すぐに全部やらせようとしないことが大事。彼らには時間が必要。
日常生活のなかに「フォニックス指導」を少しずつ盛り込んでいくと効果的。



そこから1時間のランチタイムをはさみます。

お弁当は数種類から選ぶことができ、私は「焼肉弁当」にしました。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

午後

午後のプログラムでは、Tricky Wordsについての説明があったり、参加者同士でJolly Phonicsの教材を使った指導のロールプレイなどを行います。

多感覚を使いながらゲーム感覚で楽しく1つ1つの文字の音を学んでいくプロセスは、私がこれまで日本で受けた英語教育とはまったく別物。

驚きの連続でした。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
ぴっぴ

グループごとに「先生役」と「子ども役」に分かれてロールプレイをしている様子です。

ポン

参加者主体の「体験型ワークショップ」だね。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

家庭でも使える実践的なアイデアがたくさんあり、とても勉強になりました。

ぴっぴ

日々の学習においては、親御さんのフォローがとても大事になるとも感じました。

ワークショップ終了後、『修了証』を頂く

ワークショップが終わったら、『修了証』を頂けます。

ロック先生とパシャリ。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
ぴっぴ

とてもフレンドリーで講義も分かりやすく、素敵な先生でした。


ちなみに配布資料として、Jolly Phonicsのメソッドや学習プランなどについて詳しく書かれた冊子などももらえます。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加

感想

ワークショップの内容は想像以上に充実していて、6.5時間みっちり実践的な指導をしていただきました。

英語中級者で英語力がまだまだ乏しい私にとって、講義についていくのは中々ハードでした。

実際、英語を聴き取るために長時間集中力をもたせるのはかなり疲れました。

ぴっぴ

ワークショップ終了後は疲労困憊でした(笑)。


しかし「目から鱗」な学びが本当に多くて、心から「参加してよかった!」と感じています。

知れば知るほどフォニックスは面白くて、得た知識は今後、自分の英語学習にも大いに活かせる確信があります。

バンコクでJolly Phonics(ジョリーフォニックス)のワークショップに参加
ポン

一番の学びってなんだったの?


一番は「多感覚を使って楽しく英語を学ぶこと」の大切さを身をもって体感できたこと。

様々なアクションやゲーム感覚の指導を通じて、子どもたちが目や耳や体を使いながら能動的に読み書きのスキルを身に付けていくプロセスをイメージできました。

ぴっぴ

私も幼少期にフォニックス教育を受けたかったです。


フォニックス教育を日本の子どもたちにも幼少期から施せれば、日本人全体の英語力は底上げされるのではと個人的に思っています。

現時点での問題は、フォニックス教育ができる日本人がまだまだ少ないことかと…

教育者としての経験は皆無の私ですが、日本に帰国したときに何らかの形で今回の経験を生かせる日がくればいいなと思っています。

ぴっぴ

その時のために、フォニックスの勉強を継続していきます♪

ポン

ボクも頑張る!



過去のワークショップの参加者が感想をシェアしてくれている動画があるので、興味がある方はご覧ください。

まとめ

Jolly Phonicsのワークショップは、日本でもバンコクでも定期的に開催されています。

興味がある方はぜひ公式ホームページから、詳細をチェックしてみてくださいね。

ぴっぴ

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク

>