観光・お土産

バンコク・カオサンロードの大規模改修工事が完了|バックパッカーの聖地の終焉【2020年】

【2020年6月】 バンコク・バックパッカーの聖地カオサンが激変】大規模改修工事が完了したカオサンの様子をリポート (1)

タイ・バンコクの「バックパッカーの聖地」として有名なカオサンロード。

カオサンでは2020年1月より大規模改修工事がスタートしており、最近その工事が完了したということで様子を見に行ってきました。

ぴっぴ

カオサンの様子が気になっていたのは私だけではないはず…。

カオサンロードの大規模改修工事の写真

今回は、大きく情景が様変わりしたカオサンの様子や、現地の人にインタビューした内容などをお伝えします。


昔の面影は失われつつありますが、アップデートした今後のカオサンにも期待をしたいところです。

スポンサードリンク

工事完了後の様子

今回の大規模改修工事の目的は、「カオサン通り」をより清潔で安全に、国際的なウォーキングストリートにすることだそうです。

工事が終わったカオサンは一体どのようになったのでしょうか。

スポンサードリンク

車道と歩道が区分け・フラット化

こちらが工事完了した2020年6月現在のカオサンの様子です。

カオサンロードの大規模改修工事の写真

ステンレス製のポールにより車道と歩道がしっかり区分けされ、かつてあった段差がなくなりフラットになっています。

ぴっぴ

めちゃくちゃ綺麗になってる!


カオサンが大きく様変わりしていて驚きました。

現在はコロナの影響でほとんどの店がクローズしています。

カオサンロードの大規模改修工事の写真

歩道のスペースは割とゆったりめに確保されている印象です。

カオサンロードの大規模改修工事の写真
カオサンロードの大規模改修工事の写真
ポン

やっぱり今は人が全然いないね…。

カオサンは2020年8月に完全営業再開予定

改修工事が完了したカオサンロードは、8月から全面的に営業を再開しリニューアルオープン予定とのことです。

カオサン通りと隣接する「ランブトリ通り」や「タニ通り」の改修工事も今後進められていくそうです。

(ソース:Khao San Road counts down to the return of good times

ポン

そもそもカオサンってどんな場所なの?

時代とともに変わりゆくカオサン

カオサンは今回の工事に限らず、これまでもずっと変化し続けてきました。

カオサンが「バックパッカーの聖地」と呼ばれるようになったわけ

カオサンとはタイ語で「精米」という意味で、1970年代まで周辺に米問屋が多かったことに由来しています。


そんなカオサンに活気が出始めたのは1980年代のこと。

安い宿泊施設を必要とする旅行者向けに、この通りの住人が空室を借し始めたのです。

ポン

これがカオサンの安宿ビジネスの始まりだったんだね。

その後カオサンロードは「バックパッカー街」として発展し、ヒッピー文化の発信地として世界的にその名が知られるようになりました。


安宿・旅行代理店・レストラン・バーなども続々と増えていきました。

2000年にはレオナルド・ディカプリオ主演の人気映画「ザ・ビーチ(The Beach)」でカオサンロードがロケ地となり、その知名度はさらに高まります。

>>>Amazonプライムビデオの30日間無料体験で「ザ・ビーチ」を鑑賞する

カオサンはやがて世界中のバックパッカーの旅の拠点旅人同士の集いの場としての機能も果たすようになります。

まだネットが普及していない時代、カオサンで出会った旅人同士で情報交換をしたり、航空券を旅行代理店で購入したりしていました。

熱気と異国情緒あふれるカオサンの安宿に滞在しながら世界中の旅行者と交流し、ひしめきあう露店や屋台のローカルフードを楽しむ。


そんな過ごし方ができるカオサンはいつしか「バックパッカーの聖地」として、多くの旅人の憧れの地となっていったのです。

2011年のカオサンの様子

ぴっぴ

私も「バックパッカーの聖地カオサン」に憧れを抱いていた人間の1人です。

私がカオサンを訪れたのは大学4年生の夏休み、2011年のことでした。

そのとき撮った写真がこちらです。

2011年のカオサンロード

カオサンロードの全長はおよそ400メートル、道幅は20メートルほど。

歩行者天国のように人が縦横無尽に行き交っています。

ポン

カオサンロードって、意外に短いんだね

私にとって始めての海外ひとり旅でした。

ぴっぴ

「ついに憧れのカオサンにこれたんだ…!」と強烈に興奮したことを思い出します。



熱気と喧騒に満ちたカオサン通りには多国籍な旅行者が行き交い、異国情緒があります。

一言でいうと、カオス

「マダァーム~、コレヤスイヨ~」というしつこく怪しい客引きの声がそこら中から聞こえ、安宿・旅行代理店・露店などがひしめきあっていました。

2011年のカオサンロード

人生で初めて泊まった1泊300円の安宿はなかなか刺激的でした。

決して綺麗とは言えない男女混合のドミトリーには、個性豊かで刺激的な人との出会いに満ちていました。

2011年のカオサンロードの安宿

隣の宿では「南京虫が発生した」と大騒ぎしていました。

ポン

な、南京虫…

当時は「激安で美味しい」と評判だった10バーツラーメンを毎日のように食べていました。


カオサンで出会った旅人は良い意味で変人ばかり

私はひとり旅でしたが、宿や道端で出会った人たちと語り合ったりアユタヤに行ったり夜の街を散策したり…

ぴっぴ

ほとんど1人でいることはありませんでした

カオサンは間違いなく旅人の出会いの場として機能していました。

2011年のカオサンロードでの出会い

実はこのカオサンでの出会いが私を世界一周へと突き動かすことになるので、私にとって非常に思い入れがある場所になりました。

ポン

カオサンはぴっぴの人生に大きな影響を与えた場所なんだね。

2019年のカオサンの様子

私は2019年9月からタイに住み始めたのですが、引っ越してすぐカオサンへ8年ぶりの再訪をしました。

2019年のカオサンロード

2011年当時泊まっていた安宿は姿を消し、激安10バーツラーメンのお店も無くなり、そのかわり洗練されたお洒落なレストランやバーが増えていました。

ネットの普及に伴い、旅行者たちはもうカオサンで航空券を買ったり旅人同士で情報共有をする必要がなくなったんです。

ぴっぴ

カオサンはもはや「バックパッカーの聖地」ではなく「観光地の1つ」になったのだなぁ、と感じました。


それでも独特な混沌とした雰囲気は当時と変わらず、8年前と同様に露店でタイフードを食べたり、フルーツシェイクを飲んだり、マッサージをしたりして楽しみました。

2011年のカオサンロード

カオサンで働く人に「工事」について聞いてみた

2011年のカオサンロード

再訪したときに、現地の人は今回の改修工事についてどう思っているのか気になって2名のタイ人に聞いてみました。

カオサンのカフェで働くお兄さん

「改装工事は賛成だよ!全体的に整備されて綺麗になる。そうなると快適に商売もしやすくなるさ」

カオサンで19年働く客引きのおっちゃん

2011年のカオサンロード

「カオサンが変わるのは嫌だね。俺たちのビジネスに規制がかかると、これまでのように稼げなくなってしまう」

ポン

カオサンのなかでも色んな意見があるんだね。

工事をしてカオサン通りが綺麗になるというのはみなさん基本的に肯定的で、規制が強化され商売がしにくくなることに不安を抱いている、といった印象でした。

2020年6月、現地の人に心境を聞いてみた

2020年6月 大規模改修工事を終えたカオサンロード

賛否両論があるなか進められたカオサンの改修工事。

工事がほぼ終わったカオサンを訪れた私は、カオサンのなかで働く人たちに今の心境をたずねてみました。

土産店のお姉さん

「工事自体はしてよかったと思う。道が綺麗になったし嬉しいよ。ただコロナの影響がきつい。

お客さんはほとんどいないし、営業時間が厳しくて今は朝9:30~18:00までしか営業できないの。」

レストランのおじちゃんとおばちゃん

のどが渇いたなぁ~と思って立ち寄ったレストラン。

カオサン通りにある「CHART BAR & RESTAURANT」

2020年6月 大規模改修工事を終えたカオサンロード

およそ30年前にオープンしたお店なんだそうです。

2020年6月 大規模改修工事を終えたカオサンロード

パイナップルジュースを注文。

うん、うまい(*´ω`*)

2020年6月 大規模改修工事を終えたカオサンロード

おばちゃんは言いました。

「工事して綺麗になったのは良かった。私たちはここの2階で暮らしてるし、この場所は生活圏なのよ。」

おじちゃんが言いました。

「工事はしてよかったよ。前よりずっといい。」

私が気になっていたことに少し触れてみました。

ぴっぴ

旅行者の勝手な意見なのは分かっているんだけど…

「前のカオサンの雰囲気が好きだったのに」と複雑な気持ちになる人もいると思うんだよね。

おじちゃんはそれを聞いて

「その気持ちも理解できる」

と頷いていました。

ポン

現地の人からすると、生活圏が綺麗になるのはそりゃぁ嬉しいよね。

工事に関してはみなさん肯定的な感想でした。

おばちゃんは言いました。

「観光客がいない今のうちにこっちの壁をぶち抜いてスペースを広くするの。次回あなたがきたときには大変身してるから、楽しみにしててね」

ぴっぴ

おばちゃんからパワーを感じる。
コロナに負けてないね。

とっても素敵なレストランとおじちゃんおばちゃんでした。

次回の訪問が楽しみです♪

変わり続けるから面白い

「いつまでも変わらないでほしい」と思うのは旅人のエゴ

今回の大規模改修工事は私にとっては割と衝撃的なニュースで、「昔の面影がなくなってしまって残念…」と正直とても寂しい気持ちでした。

ぴっぴ

私と同じような気持ちを抱く人は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか…

しかしネットの普及に伴い、「バックパッカーの聖地カオサン」はすでに終わりを迎えつつあります。

また、現地の人がより快適で清潔な商業圏・生活圏を求めるのは当たり前のこと。

「いつまでもあの頃のカオサンのままであってほしい」

そう願うのは、旅行者のエゴなのでしょう。

ポン

諸行無常、だね…

アップデートした今後のカオサンにも期待しよう

過去を懐かしみ哀愁を感じるのも1つの醍醐味。

時代の移り変わりとともに、すべてのものは変化します。

ぴっぴ

アップデートした新しいカオサン。
今後も見守っていきたいです。

8月から本格的にカオサンのお店が営業再開ということで、楽しみに待ちたいと思います。


コロナ状況下で、日本を含む海外旅行客の受け入れがいつになるかが見通せない状況が続いています。

観光客需要で成り立っているカオサンに、少しでもはやくかつての活気と賑わいが戻ってくることを願います。

ポン

これからも応援していきたいね♪

カオサンへの行き方【MRT+トゥクトゥクの場合】

最後にカオサンへの行き方についてご紹介します。

ここで紹介するのはMRT(地下鉄)+トゥクトゥクを利用した場合です。

まずMRTでカオサンから一番近いサナーム・チャイ駅(Sanam Chai)を目指します。

カオサンへの行き方

MRTのチケットはコイン型で可愛い。

カオサンへの行き

サナーム・チャイ駅に着いたら、2番出口からカオサン通り方面に出ます。

カオサンへの行き

そこからトゥクトゥクに乗って、約10分くらいでカオサンに着きます。

値段の相場は80~100バーツくらいです。

ぴっぴ

ぼったくろうとするドライバーもいるのでご注意ください

今回私は交渉なしで80バーツで行けました。

カオサンへの行き

以上、2020年6月のカオサン現状リポートでした。

ぴっぴ

時をみて、また遊びにいこうっと♪

スポンサードリンク

>