中南米

カリブ海の楽園、コロンビア領『サン・アンドレス島』|おすすめの絶景スポット4選

【カリブ海に浮かぶ秘境の楽園】 7色の海をもつサンアンドレス島! おすすめの絶景スポット4選 (2)

知る人ぞ知るカリブ海の楽園、コロンビア領『サン・アンドレス島』

今回はそんなサン・アンドレス島の魅力と「おすすめスポット4つ」をご紹介します。

ぴっぴ

こんにちは、世界41ヵ国を旅したぴっぴです。

サン・アンドレス島の絶景

『7色の海』と称されるこの孤島の海は、私が人生で見た中で1番美しい海でした。

ポン

なにここ!めちゃくちゃ綺麗な海~!

海に潜るとまるで水族館の水槽の中にいるみたい。
毎日飽きることなく海で泳いで、魚と戯れ、沈船を探検したり…

ぴっぴ

私はこの島に4泊5日滞在していましたが、日々感動の連続でした。


アジア人観光客の多くがまだ知らないサン・アンドレスの魅力を語らせてもらいます♪



☟☟私が訪れた2016年当時の投稿から、テンションの高さがうかがえます(笑)
防水カメラ壊れたのも懐かしい(/ω\)

スポンサードリンク

コロンビアのサン・アンドレス島とは?

サン・アンドレス島(Isla de San Andrés)は、カリブ海に浮かぶ珊瑚礁の島です。
南北12.5km、東西3kmの小さな島。

地図を見てもらうと分かるのですが、サンアンドレス島はコロンビア領にも関わらず、地理的にはニカラグアやコスタリカに近いです。

サン・アンドレス島の位置と地図

コロンビア本土からは700kmも離れています。


島の住民の多くはアフリカ系で、英語もよく通じます。

治安は非常に良好です。

サン・アンドレス島の歴史

1527年に初めてスペインの地図にサン・アンドレス島が登場する。

イギリス、スペイン、オランダなどの国々による支配・侵略を繰り返され、アフリカから多くの奴隷が連れてこられた。
(現在の住民たちの先祖にあたる)

1991年、正式にコロンビアの領土と認められる。

参照元:Wikipedia “San Andrés”

私はグアテマラで出会った女性にその名前を聞くまで「サンアンドレス島」の存在を知りませんでした。

コスタリカ・ニカラグアの海域のコロンビア領であることから、サンアンドレスは免税地帯となっています。

ぴっぴ

ショッピング好きな人にはうってつけですね。

サン・アンドレス島の免税店
スポンサードリンク

『7色の海』と称される理由

サン・アンドレス島の美しい海

サン・アンドレス島の最大の魅力は、透明度の高い美しい海

サンゴ礁の濃淡による海の色のグラデーションが特徴的なことから、『7色の海』と称されています。

エメラルドブルー、セルリアンブルー、ウルトラマリンなど、色とりどりの美しい海の色には息をのみます。

ポン

綺麗すぎるよー!!!

海賊にまつわる伝説

サン・アンドレス島には、語り継がれる『海賊にまつわる伝説』があります。

そのひとつが、イギリスの大海賊ヘンリー・モーガンがこの島にある洞窟にお宝を隠したという伝説。


その洞窟は実際に存在し、見学することが出来ます。

ヘンリー・モーガンは、映画『パイレーツオブカリビアン』のジャック・スパロウのモデルになったとされています。

ぴっぴ

私も小さいころ海賊に本気で憧れていた(笑)ので、すごくワクワクしました!

サン・アンドレス島の基本情報

アクセス

サン・アンドレス島へは、コロンビアのどの空港からもアクセス可能です。

首都ボゴタ・メデジン・カルタヘナなどから国内線が飛んでおり、1~2時間ほどで到着します。

ぴっぴ

私はメデジンという都市から飛行機でサン・アンドレス島に向かいました。

その他の近隣国からも直行便が運航されているので、南米旅行のついでに数日間寄ってみることもできます。

私は”Viva Air Colombia”というLCCを使ったのですが、当時往復7,000円ほどでした。

時期によりチケット価格は変動しますが、基本的にはとても安いです。

外国人は飛行機に乗る前に、「観光カード」を購入する必要があります。

これは入島料で、確認している最新の情報では32USDですが、変動している可能性があります。


空港での購入と現金のみでの購入が可能です。


参考:Guide to San Andres Island in Colombia

ベストシーズン

サン・アンドレス島の美しい海

サン・アンドレス島のベストシーズンは、乾季の1月~4月頃が一番良いでしょう。

サンアンドレス島は1年を通して温暖で、平均気温は24~30℃ほど。


季節は雨季と乾季に分かれており、雨期は5月~1月頃まで、乾季は2月~4月頃までです。
(参照元:Wikipedia “San Andrés”


私が訪れたのは4月の乾季だったので毎日爽やかな晴天で過ごしやすく、太陽に煌めく海の絶景を満喫することができました。

ぴっぴ

私の友達が雨期にサン・アンドレス島を訪れたら、毎日雨だったと言ってました。

おすすめの滞在日数

個人的には3泊以上の滞在をおすすめします。

島自体はとても小さいですが、のんびりビーチで泳いだり離島めぐりを満喫するには、3日はあったほうが良いと思います(*´ω`*)

ぴっぴ

私は4泊5日の滞在でちょうど良かったです♪

私が泊まった宿の紹介

サン・アンドレス島はリゾートなので、全体的にコロンビア本土に比べると物価は高めです。

宿もお高めなところばかりですが、私が当時お世話になったホステルは格段に安く居心地も最高だったので、紹介しておきますね(*´ω`*)

サン・アンドレス島の宿 Hostel Posada San Martin


中心部に近く立地が良いのでこちらに決めました。

シングルルーム・朝食付きで1泊US$24です(2020年6月現在)。

サン・アンドレス島の宿 Hostel Posada San Martin

部屋はとても清潔で、朝食やショコラテも美味しくて最高でした。

サン・アンドレス島の宿 Hostel Posada San Martin の朝食

ホットシャワーはないのですが、暑いから正直気になりません。

ぴっぴ

宿のスタッフさんもみんな優しくて、いろんなおしゃべりをしてとっても楽しかったです♡

サン・アンドレス島のまわりかた

サン・アンドレス島のまわりかた

サンアンドレス島は車でまわると1時間ほどの小さな島ですが、見所が点在しているため、バス・バギー・バイク・ゴルフカートなどを利用すると便利です。

ぴっぴ

私はバスを利用して、お目当てのビーチまで行きました。

サン・アンドレス島のまわりかた
サン・アンドレス島

乗り物をレンタルする場合、運転手は車の免許証が必要となるのでご注意ください。


さてそれでは、サン・アンドレス島のおすすめ絶景スポット4つをご紹介します!

サン・アンドレス島のおすすめスポット

Piscinita(ピッシニータ)

まず最初に紹介するのは、“Pascinita(ピッシニータ)”
ピッシニータは島の西側中央付近に位置しています。

ピッシニータは天然のプールになっていて、穏やかで透き通ったブルーの海に潜って魚たちと戯れることができるんです。

この透明度、やばくないですか?笑

サン・アンドレス島 ピッシニータ(Picscinita)
ポン

すごい!お魚が鮮明に見えてるー!!

パンを投げるとものすごい勢いで魚が寄ってきます。

サン・アンドレス島 ピッシニータ(Picscinita)

シュノーケリングやダイビングにはベストスポットです。

私は素潜りで楽しみました。

魚も人間に慣れているのか、かなり至近距離で戯れることができます。

サン・アンドレス島 ピッシニータ(Picscinita)
ぴっぴ

カラフルな熱帯魚の大群に出会えます。

現地のお兄ちゃんから「飛んでみなよ」と言われ、崖からダイブ!
めちゃ楽しい!!笑

サン・アンドレス島 ピッシニータ(Picscinita)
ぴっぴ

楽しむコツは、思いっきり童心にかえることです♪

レストランも併設されています。

私はここでランチをいただきました♪


コロンビア人の素敵なマダムと仲良くなったので、レストランにてパチリ。

サン・アンドレス島 ピッシニータ(Picscinita)のレストラン

West View (ウエスト・ビュー)

続いて紹介する2つめのスポットは、West Viewです。

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー)

Piscinitaから徒歩15分ほど歩いた場所にあります。


海はかなり深いのですが、透明度が高いので海底までくっきりと見えます。

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー)

エメラルドグリーンの海の中を潜ると、そこには数えきれないほどのたくさんのカラフルな魚たちが泳いでいます。

ぴっぴ

水族館の水槽の中で泳いでいるような世界が広がっていて、夢のようでした・・・


West Viewにビーチはないのですが、「ウォータースライダー」「飛び込みジャンプ台」などが利用できるので、子供たちにも大人気です。

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー)

ウォータースライダーはかなりのスピードがでます。

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー)


滑って滑って…深い海の中にドッポーンです。

ぴっぴ

もう楽しすぎて、ひとりで3回くらいやりました(笑)。

あと、ここにきたらぜひともトライしていただきたいのが、「ジャンプ台」

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー)

一応申し上げておくと、これ、かなり怖いです(/ω\)
でもねぇ、勇気をだして飛び込んでみると、信じられないほど楽しいんですよ!



私は昔よく家族で地元の川に行って、岩の上から飛び込むという遊びをしていたんですが、それ以来だったんです。

こんなふうに「ひゃぁぁああーーーー」と落ちていきました(笑)。
落ちた衝撃でゴーグルが豪快にはずれました。

サン・アンドレス島 West View (ウエスト・ビュー) ジャンプ台
ポン

それにしてもぴっぴ、日焼けして真っ黒けだね!

他にも、魚にパンの餌をやったり、シュノーケリングしたり、近くのレストランで食事をしたり、いろんな楽しみ方があります。

海が深いので、泳ぎが得意でない人はライフジャケットや浮き輪をレンタルされることをおすすめします。

シュノーケリングゴーグルのレンタルもあります。

ぴっぴ

美しい海で魚たちと戯れていたら、時の流れを本気で忘れてしまいます。


Piscinitaより人の数は多めなんですがとにかく解放感があって、個人的にはWest Viewの方が好みでした(*´ω`*)


Rocky Cay (ロッキー・ケイ)

3つ目に紹介するスポットは、Rocky Cay(ロッキー・ケイ)


ロッキー・ケイは離島なんですが、なんと歩いて渡ることができるんです。

ポン

え!歩いて!?

ここ、すっごく遠浅なんですよね。
エメラルドグリーンの浅瀬が続いているので、砂浜から歩いて渡ることができます。

サン・アンドレス島のロッキー・ケイと沈没船
ぴっぴ

私は身長が低いので、島に到着するまでどんどん水位が上がってきて、途中で肩くらいになりました。

島はサンゴでできていてヤシの木が生えています。
この島自体には正直見どころはほとんどありません。


一番の見どころは「沈没船」です!

ポン

ち、沈没船!?


島から200mほど先にはなんと今から40年以上前に沈没した船があり、当時の状態のまま残されいるのです。

サン・アンドレス島のロッキー・ケイと沈没船

ロッキー・ケイから沈船までは海が深いので泳いで渡ります。

ガイドっぽいお兄さんが、船の中を案内してくれました。
いざ、沈船の中へ。

船内は錆び付いた匂いが充満していました。
水中を除くと、たくさんの魚たちが船の残骸を住処としています。

ぴっぴ

ちょっと怖かったけど、ロマンを感じて本当に大興奮でした!

最後は船の上まであがらせてもらって、そこからダイブ!

なかなかできない貴重な経験になること間違いなしです( *´艸`)

Johnny Kay(ジョニー・キー)

最後にご紹介するスポットは、離島です。

サンアンドレス島を訪れたらぜひ参加していただきたいのが、ボートでの離島めぐり

とくにジョニー・キー島への日帰りツアーがマストといっても過言ではありません。

ツアー申し込み方法

ツアーチケットは島のいたるところで購入できます。

当日チケット売り場でチケットを買い、指定された時間に集合します。

私が参加したのは、「ジョニー・キー」と「アクアオリオ・キー」の日帰りツアーでした。

ツアー内容(ジョニー・キー)

朝9時にボートがサンアンドレス島を出発し、まずジョニー・キーへ向かいます。

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

ボートが進むうちに、どんどん海の色がエメラルドグリーンに変わっていきます。


そして約10分後、ヤシの木が茂る小さな楽園「ジョニー・キー」が見えてきた!

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

ジョニー・キー到着。
どこまでも透き通るエメラルドグリーンの海…


え・・・ここ、天国ですか?

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

水中にもぐると、カラフルな魚たちがいっぱい。

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

小さな島内はレゲエの雰囲気が満載です。


レゲエミュージックかかっていて、レゲエダンスを見ることもできます。(カメラが壊れてて写真見づらくてごめんなさい)

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

名物のCoco Loco(ココロコ)というお酒も飲めます。

ココナッツジュース・チェリーシロップ・お酒で、ラム酒を混ぜ合わせたもの。

サン・アンドレス島とジョニー・キーの日帰りツアー

可愛い見た目とは裏腹に、かなりアルコールが強くてパンチが効いています。

ツアー内容(アクアオリオ・キー)

ジョニー・キーの次に訪れたのは「アクアオリオ・キー」

このときタイミング悪く私の防水カメラが壊れてしまったので(涙)、画像お借りしています。

アクアオリオは遠浅になっていて、シュノーケリングを楽しむには絶好の場所です。

水中に潜ると目を疑うほどのたくさんのお魚さん!
本当にこの写真のレベルでしたよ~( *´艸`)

その他オプションで、マンタと戯れることもできます。

ぴっぴ

心から満足した最高のツアーでした。

日焼け止めは必須です!
私は史上最強に真っ黒焦げになったので…(笑)
どうぞお気を付けください。

まとめ

サン・アンドレス島で出会った観光客はコロンビアやアルゼンチン出身の人が多かったです。

ぴっぴ

アジア人はひとりも見かけなくて、出会った人に「日本人だ」と伝えるとても驚かれました。


さすがにひとりぼっちは心細いかと思いきや、現地の人は本当に親切で優しくて、素敵な出会いに溢れていました。

陽気で明るいラテンの空気感が大好きでした。


プラタノというバナナに似た食材を油で揚げたパタコネスを作ってくれたシェイラ。

サン・アンドレス島での出会い


お世話になった宿のおばあちゃんには、別れ際に「折り鶴」をプレゼント。

サン・アンドレス島での出会い

シーフード料理も美味しいのでおすすめです。

サン・アンドレス島ではシーフードもおすすめ

帰りの飛行機から見たサン・アンドレス。

私の中では「世界一美しい海ナンバー1」にランクインしたサン・アンドレス島。

日本からは少し遠いですが、ぜひ一度訪れてみてほしいです♡

ポン

ポンも「行きたい場所リスト」に入れたよ~♪

スポンサードリンク

>