旅の準備

世界一周経験者が教える、海外を安全に旅するためのコツ10選

世界一周経験者が教える【海外を安全に旅するコツ10選】
ぴっぴ

こんにちは、世界一周経験者のぴっぴです。

ポン

相方のポンだよ。



海外を旅するとき、多くの人が旅先で遭遇するかもしれない未知のトラブルや危険に対する不安を少なからず抱えているのではないでしょうか。

これまでに世界41ヵ国を旅した私は、周りからよく「海外は危なくないの?」と聞かれます。


ぴっぴ

実際、「ほとんどの国が日本より危ない」です。



日本は世界でトップクラスの安全で平和な国です。

そのぶん海外へ行くと、トラブルに遭うリスクは高まります。

実際、私が海外で出会った多くの旅人から「スリや強盗に遭った」という話を聞きました。

残念ながら死に至ってしまったケースも知っています。

海外を旅するとき、「100%生きて帰ってこれるか分からない」という危機意識は常にもっておく必要があると思います。

そのうえで私はこう思います。

リスク対策を徹底すればほとんどのトラブルは回避できる

ポン

リスク対策?



この考えは自身の経験に基づきます。

  1. おっちょこちょいの私でもリスク対策を徹底したら、1年間大きなトラブルがゼロだった
  2. 私が出会った「トラブルに遭遇した旅人」のほとんどがリスク対策を怠っていた


何かトラブルにあった人に話を聞いてみると、「夜に出歩いていた」「情報収集を怠っていた」などリスク対策が不十分だったケースがほとんどでした。



いっぽう、おっちょこちょいのトラブルメーカーで有名な私でも、リスク対策を徹底していたおかげで「スリ・盗難・強盗」など大きなトラブルは皆無で帰還できました。


ぴっぴ

今回は、世界一周でリスク対策のために私が心がけていたこと10個をまとめてお伝えします。


この記事に向いている人
  1. 世界一周予定者
  2. 海外旅行に今後行く予定がある人
  3. 旅先でトラブルに遭わないか不安を感じている人


へっぽこな私でも無事に旅できたのだから、きっとあなたも大丈夫!

ぜひこの記事を読んで、安心安全な旅を楽しんでもらえたらなと思います。

スポンサードリンク

海外を安全に旅するための10のコツ

スポンサードリンク

健康管理の徹底

楽しい旅は健康な体があってこそです。

旅先で体調を崩すと病院に行くのも一苦労。

メンタルも弱るし、状態が悪化すると旅が続けられなくなる可能性もあります。

ぴっぴ

体調を整えるために、私はこんなことを心がけていました。

  1. 夜更かしをしない
  2. スケジュールに余裕を持つ
  3. 衛生面に不安のあるお店は避ける

夜更かしをしない

私は睡眠不足になるとすぐ体調を崩すので、できるだけ夜更かししないよう、遅くとも22時〜23時には布団に入っていました。


夜行性のヨーロピアンたちに遊びに誘ってもらうこともあったけど、ほとんどの場合は丁重にお断りしていました。

スケジュールに余裕を持つ

バタバタ移動は体調を崩す要因にるので、余裕のあるスケジューリングを心がけることは大切です。

たとえば私の場合は、各都市に平均3日間以上は滞在するように日程を組んでいました。


こちらは世界一周中に使っていたスケジュール帳です。

1日や2日の滞在だと慌ただしいスケジュールになりがちなので、できるだけ余裕をもって日数を確保するようにしていました。

衛生面に不安のあるお店は避ける

ローカルな屋台飯など、衛生面が怪しそうな店での飲食は避けたほうが無難です。

油を長期間使いまわししている店もあったりするので要注意です。


たとえばミャンマーでは、油が多用されるミャンマー料理で多くの旅人が油でおなかを壊していました。

身なりと行動に注意を払う

治安の悪い地域で日本と同じような感覚で出歩くと、高確率で悪い人が狙ってきます。

以下のことに注意してください。

  1. 夜は外を出歩かない
  2. バッグをお腹に回す
  3. スマホを使う際は細心の注意を払う
  4. 安心安全な交通機関を使う

夜は外を出歩かない

治安の悪い場所で夜出歩くのは自殺行為です。

「夜スーパーに行く最中に強盗に遭った」というような話は山ほどあります。

ぴっぴ

背後から襲われ睡眠薬をかがされ、そのあいだに貴重品を奪われるといった事件もあります。


私は治安の悪いエリアでは、夜は基本18時~19時くらいには宿に戻るようにしていました。

バッグををおなかにまわす

街歩きをするときは、バッグは前にまわしておいたほうが安全です。


「電車で背負っていたリュックから貴重品を盗まれた」などはよくある話です。

スリがナイフでバッグを切って貴重品を盗むパターンも多いです。


スマホを使う際は細心の注意を払う

治安の悪い場所でスマホを使うときは「スマホを両手で持ち、壁に背中をくっつける」

これを徹底すると、ひったくりのリスクをある程度回避できます。

「壁に背中をくっつける」というのは、背後からひったくりに合うリスクを避けるためです。

ぴっぴ

私も治安が悪いエリアでは、背後に怪しい人がいないか定期的に確認していました。

安心安全な交通機関を使う

治安の悪い地域での移動は危険なので、値段が高くてもできるだけ安全な交通手段を選びましょう。

旅をしていると「安心安全をとるか、値段の安さをとるか」を天秤にかけて選択する場面がたくさんあります。

しかし、たとえばタクシー代を節約するために歩いて目的地まで向かった結果、強盗に遭った人の話も聞きます。

ぴっぴ

これでは本末転倒です。


節約も大事ですが、優先順位を誤らないように気を付けたいですね。

情報収集を徹底する

安心安全な旅をするうえで、情報は「命」です。

ぴっぴ

リスク対策のなかで「情報収集」が一番大事だと思っています。



「情報」と一言でいってもいろいろありますよね。

治安、物価、天候、国境越え、入国審査、食べ物、両替、宿、各観光スポットの営業時間、などなど…


情報収集を怠ると余計な時間・お金・体力を消耗するはめになり、さらにトラブルに遭うリスクが高まるので要注意です。

不安な気持ちの大半は「情報不足」によるもの

「不安な気持ち」のほとんどが「情報不足・知識不足」によるものだと思います。

ぴっぴ

逆に情報収集を徹底すれば、不安を減らすことができます。


たとえば、あなたが人生で初めてタイからカンボジアまで国境越えをすると仮定します。

初めての「国境越え」はきっと、緊張と不安でいっぱいになるでしょう。



しかし以下のような情報をしっかり把握しておけば、国境越えのイメージが描きやすくなり、かなりの不安が軽減されるのではないでしょうか。

  1. バス会社の評判
  2. 目的地までの所要時間
  3. 道路状況
  4. 入国審査の手順
  5. 国境の治安
  6. 新しい国の通貨
  7. 換金をどこでするか
  8. レートはどうか
  9. トイレ休憩はあるか
  10. 食料を用意した方が良いか
  11. 到着地点の治安
  12. 到着地点から宿までの交通手段と値段相場

実際これだけのことを調べていれば、かなりのリスク対策になります。

国境越えは割とトラブルが起きやすいのですが、私は毎回入念に情報を調べていたのでトラブルに巻き込まれたことは一度もありませんでした。



他にも、たとえばこんな不安があったとします。

空港から市内までタクシーを使うとき、ぼったくられないか不安だよ。



でも値段の相場をある程度つかんでいれば、ぼったくりを企むドライバーに対して、

ぴっぴ

なにバカなこと言ってんの?
私は値段の相場もアンタがボッタクリしようとしてることも知ってるのよ!

と強気にもなれる訳です(笑)。

情報収集のための時間を確保する

旅をする中で気付いたのは、「情報収集にはかなりの時間を要する」ということでした。

ポン

「国境越え」だけでも調べることいっぱいあったもんね。



情報を探せばいくらでも出てきますが、その取捨選択をするにも時間がかかります。

誤った情報や古い情報も紛れ込んでいるので注意もしなければいけません。


ぴっぴ

私は「まる1日情報収集をする日」を定期的に確保していました。



情報収集の作業は大変ですが、安心安全には替えられないので、時間をかけてでも徹底することをおすすめします。

さまざまな媒体を使って情報を得よう

現代はとても便利な時代で、Twitter・ Instagram・Youtube・ブログなど様々な媒体から情報を得ることができます。

情報収集で大事になるのは、正確性と鮮度です。

とくにTwitterはリアルタイムで情報が追えるのでとても役立ちます。

ポン

インターネットがなかった時代って、みんなどうやって旅してたんだろうね。
時代は変わるんだね~!

防犯対策グッズ

盗難対策グッズも侮れません。

ぴっぴ

私も使っていたおすすめの盗難対策グッズをご紹介します。

ダイヤル式南京錠

海外では貴重品を盗まれるリスクが高いです。

宿、バスや電車の中、道を歩いているとき、行列に並んでいるときなど、いつなんどきも油断禁物です。

貴重品をいれたバッグは南京錠をかけておくと安心です。

おすすめ南京錠のポイント
  1. ダイヤル式
    (カギ式だと鍵の紛失リスクがある)
  2. 3桁より4桁
    (4桁の方が開けられるリスクが低い)

ワイヤータイプの南京錠

ワイヤータイプの南京錠も持っておくと便利です。

ワイヤーが細いので、バッグのチャックの穴や宿のロッカーの穴が小さくても問題なく施錠できます。

穴同士の距離が遠い場合でも使えます。

ストラップ付手帳型スマホケース

スリ被害が多いスマホですが、正直これなしで旅をするのは不可能です。

ストラップ付の手帳型スマホケースは、首にかけたり指に絡ませてギュッと持つことができるので安心です。

手帳型なら画面も保護できるので一石二鳥。

語学力

語学力があると旅が楽になるだけではなく、トラブル対策にもなります。

私自身、語学力に救われた場面は数えきれないくらいありました。

中南米で短期スペイン語留学をしたり、英語力を身に付けておくと、トラブル回避に大いに役立ちます。

ぴっぴ

私は旅の最中にグアテマラで1週間の短期スペイン語留学をしました。



英語については出発前にオンライン英会話を使って話す練習をしました。

長いこと英語を使う機会がなかったので良いリハビリになりました。

物をなくさないための工夫

海外で物をなくすと本当に厄介なので、私は次のような対策をしていました。

  1. お酒は基本外で飲まない
  2. 街歩きでは小さめなショルダーバックを使う
  3. バッグの中身は定位置を決めて収納

私は完全に「物をすぐなくすタイプ」の人間なのですが、しっかり対策をしたおかげで貴重品の紛失は1度もありませんでした。

ぴっぴ

タオルとかストールとか細かいものは何度か紛失しましたが・・・

お酒は基本外で飲まない

旅生活におけるお酒との付き合い方には要注意です。

酔うと忘れ物やトラブルに遭うリスクが高まります。

とくにお酒が弱い人は気を付けてください。

ぴっぴ

私もお酒は強いほうではないので、外での飲酒は控えていました。

街歩きでは小さめなショルダーバックを使う

街歩きするときは、斜め掛けのコンパクトなショルダーバッグが便利です。

バッグが小さいと中に入れるものも必然的に少なくなり、ごちゃごちゃしません。

ぴっぴ

私は旅にでてからショルダーバッグの便利さに気付きました。



バッグをお腹にもってこれるので盗難防止にもなります。

こちらのようなシンプルで機能性の高いショルダーはとても使いやすいです。

バッグの中身は定位置を決めて収納

私のような「整理整頓が苦手」な方向けの提案です。

ぴっぴ

私はすぐバッグの中がごちゃごちゃしてしまいます。


「貴重品はここ」「ウェットティッシュはここ」といったかんじで入れる物の定位置を決めてしまうと、整理整頓が格段に楽になります。

何かを取り出すときにも慌てずに済みますよね。

ポン

ぴっぴ、ほんといつも「あれがない、これがない」って騒いでたもんね・・・

評価の高い宿を選ぶ

宿選びも非常に大事です。

疲れた体を休めるための宿は、心落ち着ける安らぎの場所であってほしいもの。

しかし宿選びに失敗してしまうと、トラブルに遭うリスクも高まります。

宿で起こりえるトラブルの例
  1. 宿泊客もしくはスタッフによる盗難
  2. ロッカーの鍵を壊され貴重品を盗まれる

これまで世界各国のあらゆる宿に泊まってきた私が、宿選びで気を付けるポイントを2つお伝えします。


宿のレベルと客層はある程度比例する

一概には言えませんが、極端に安い宿はコストを抑えられるぶん、客層の民度もそれなりだったりします。

ゲストの民度が低いと盗難などのトラブルに見舞われるリスクも高くなってしまいます。

ぴっぴ

私自身は経験ないですが、トラブルの話はよく聞きました。

宿の評判やレビューをチェックする

宿の評判やレビューは入念にチェックをしましょう。

私はBooking.comという宿泊予約サイトをよく使っているのですが、レビューが日本語も英語もかなり読み込みます。

良くない口コミがある宿はできるだけ避けてください。

ポン

「宿選びは慎重に」ってことだね。

私はBooking.comで宿選びをするとき、評価が8.5以上のものを選ぶようにしています。

周囲に助けを求める

平穏に私が旅できたのは決して自分ひとりの力ではなく、旅先で出会った多くの人に助けてもらったおかげだと実感しています。

「自分だけの力ではどうにもならない」と思った時は、遠慮せず周囲に助けを求めましょう。

ぴっぴ

私が旅先で現地の人に助けてもらったエピソードを紹介します。

ウガンダ入国の際にぼったくられそうになったとき

アフリカのウガンダという国に入国したとき、換金でぼったくられてしまった私。


1人で取り返しにいく自信がなかったので、

ぴっぴ

今さっき換金でボッタクリにあったの。どうしても取り返したいの!


と隣にいるケニア人男性に助けを求めました。

彼が一緒に交渉してくれて、無事にお金を取り戻すことができました。

サンパウロで空港行きのバスに乗ったとき

ブラジルのサンパウロで空港行きのバスに乗ったとき、どの停留所で降りればよいのか自信がなくて不安でいっぱいでした。

もし間違えたら飛行機に乗り遅れる可能性もあったんです。

そんなときに周囲のブラジル人に

ぴっぴ

目的地に着けるか不安なの。
停留所はここで合っているのかしら?


と尋ねたら、皆が「大丈夫よ、私たちが着いたら教えてあげる」と言ってくれ、無事に目的地の空港までたどり着くことができました。


異国の地で分からないことがあるのは当然です。

現地の人に聞けば、ほとんどの方が優しく教えてくれるはずです。

遠慮せず恥を捨てて、ヘルプを求めましょう。

嫌な時ははっきりノーと言う

海外には、日本人の「断れない国民性」に漬け込んでこようとする輩がいます。

しかし、嫌なときは「嫌だ」とはっきり主張する姿勢はとても大切です。

とくに小柄なアジア人女性はどうしてもナメられがちですが、不快に感じたらはっきり「NO!」と言ってやりましょう。

笑顔

個人的に、「笑顔」は最強のリスク対策だと思っています。

ポン

リスク対策に「笑顔」



私が名付けたのが「笑顔で悪人を遠ざけよう」作戦。

想像してもらいたいのですが、好感や親しみを感じた人の財布を盗もうという気になるでしょうか?

笑顔で挨拶をしてくれた人に悪さをしようという気持ちは起きにくいのではないか、そう思うんです。

ぴっぴ

だから私は笑顔で挨拶することをすごく心がけていました。



これがどのくらい防犯対策に効果があったのかは正直分かりませんが、結果的にトラブルが起きてないので少なからず意味があったのではないかと推測してます(笑)。

ポン

笑顔は「自分の身を守るための武器」にもなるんだね。

まとめ:自由と責任はとなりあわせ

以上、私が世界一周中に実践した10のリスク対策でした。


私が旅に出る前に母親にもらった言葉があります。

自由と責任はとなりあわせ
それを心にとめて、目いっぱい楽しんでおいで!

この言葉を深く胸に刻み、私は旅に出ました。


心配してくれる人、帰りを待ってくれている人がいる以上、できるかぎりのリスク対策をして安心安全な旅を心がける責任があります。

無事に生きて帰ること。
これだけは絶対に絶対です。

ぴっぴ

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。
それではみなさま、素敵な旅を~♡

スポンサードリンク

>