アフリカ

首都カンパラから赤道へ日帰り旅行。『アフリカの真珠』ウガンダの旅

【未知の大陸アフリカの旅】 ウガンダ・カンパラ編 (2)
ぴっぴ

こんにちは、世界一周経験者のぴっぴです。





今回は「アフリカの真珠」と称される東アフリカの国、ウガンダを旅したときの話です。

みなさんは「アフリカ」と聞くとどんなイメージがありますか?

ぴっぴ

私は「貧しい」「治安が悪い」「黒人さんが怖そう」というネガティブなイメージを持っていました。

でもそんな固定観念をもった自分のことがイヤだったんです。


実際に現地に行って自分の目でリアルを知りたい。

そんな思いを持ってアフリカの地に足を踏み入れました。

ウガンダの首都カンパラ
ポン

いよいよ未知の大陸アフリカか…
一体どんな場所なんだろう。

スポンサードリンク

ウガンダの基本情報

ウガンダの国旗
ポン

ウガンダってどんな国なの?

ウガンダってどんな国?
  • 首都はカンパラ
  • 国土面積は日本の本州と同じくらい
  • 公用語は英語,スワヒリ語,ルガンダ語
  • 宗教はキリスト教(6割)、伝統宗教(3割)、イスラム教(1割)
  • 主要産業は農林水産業、製造・建設業、サービス業など

参考:ウガンダ基礎データ/外務省



ウガンダは、ケニア・タンザニアと国境を接する東アフリカの国です。


赤道直下の国ですが、国土の大部分は平均標高1200メートル。

年間を通して過ごしやすいです。

ポン

赤道直下にあってもそんなに暑くないんだね~!




ウガンダは19世紀末にイギリスの保護領となりましたが、1962年に「ウガンダ連邦」として独立。

豊かで美しい自然が魅力のウガンダは、かつてイギリスの首相チャーチルから「アフリカの真珠」と呼ばれていたそうです。


「アフリカの真珠」ウガンダに入国

ぴっぴ

私はケニアからウガンダへバスで国境超えをしました。


ウガンダに入ると未舗装のでこぼこ道が増えてきて、バスがガタンゴトンとものすごく揺れます。

天井に頭がぶつかりそうになりました(笑)。

ウガンダ

このバスはウガンダの首都カンパラに向かいます。
車窓から見えてくるのは、豊かな緑と広大な赤土の大地…。



これが「アフリカの真珠ウガンダ」か。
直感で「私この国好きになるな」と感じました。

ウガンダ

ここは小学校かな?
子供たちがワイワイ遊んでいます。

ウガンダ

三菱自動車の会社を発見しました。
ウガンダを走る車の9割以上が日本の中古車なんだそうです。

ウガンダ

カンパラ中心部に近付くにつれて、どんどん人が増え活気がでてきました。
アフリカの熱気を感じる。

ウガンダの首都カンパラ
ぴっぴ

ついに首都カンパラへ到着です。

首都カンパラ

カンパラは標高1,190メートルで、ほぼ赤道直下に位置しています。

年間の平均気温は23度と過ごしやすいです。

ウガンダの首都カンパラ

カンパラのダウンタウンは大勢の人と渋滞でごった返しています。


空気は非常に悪く、排気ガスが充満しています。

長時間いたら喉が痛くなりそうなレベル。

ウガンダの首都カンパラ
ぴっぴ

ちょっと散策をしてみます。



外国人は珍しいのでしょう。

通り過ぎる人の多くが「ハロ~」と声をかけてくれます。
みんな陽気♪



ふらりと立ち寄ったスーパー
4階建てになっていて品揃え豊富です。

ウガンダの首都カンパラ

大きいボトルの水が1本1,500シリング(≒45円)
全体的に物価は安いです。

ウガンダの首都カンパラ

ダウンタウンはがやがやしてますが、体感治安は想像以上に良い。

悪質犯罪もかなり少ないらしいです。

ときどき腕を掴んでくる強引な客引きもいましたが、気にせずスルーすれば問題ありません。

ウガンダの首都カンパラ

「おや、なんだか日本人っぽいぞ」というようなシャイで控え目なウガンダ人も多い印象です。


ローカルマーケットの様子。
お姉さん可愛い。

ウガンダの首都カンパラ

市場を散策していて、「写真を撮っていいか」と尋ねました。

女性が「恥ずかしいから~!」と逃げて、男性が「いいじゃんいいじゃん」と言っている様子です。

ウガンダの首都カンパラ

癒される♡

みなさん良い笑顔!
ありがとうございます。

ウガンダの首都カンパラ
ぴっぴ

「ウガンダはいい人が多い」と噂には聞いていたけど、実際に明るくて優しい人が多いという印象を受けました。

可愛いアフリカ布のオーダーメイド注文

カンパラのダウンタウンを歩いていると、衣料品の店をあちこちで見かけます。

マーケット散策中にふと手に取った洋服を見ると、日本製でした。
この洋服は一体どういう経緯でここに辿りついたんだろう?

ウガンダの首都カンパラ

ウガンダ人女性におしゃれな人が多いのに驚きます。

鮮やかなカラーの服がよく似合っていて、本当に綺麗なんです。
「魅せ方分かってるなー!」って感じ。

ウガンダの首都カンパラ

アフリカでは服をオーダーメイドする文化が主流です。

市場では可愛い布がたくさん売られていて、オーダーメイドで服を作ってもらえるのです。

ウガンダの首都カンパラ

大きな派手柄がめちゃくちゃ可愛い。

ぴっぴ

私もオーダーメイドで服を注文しよう!


そう思って色々とお店をまわりました。

ちなみにウガンダ人は英語が堪能なので、コミュニケーションもとりやすいです。

私はこの青とゴールドの生地に一目ぼれ。

ウガンダの首都カンパラ

色々悩んだすえに決めた2種類の生地で、スカートを作ってもらいました。

ウガンダの首都カンパラ
ポン

可愛い~!!

所要時間は2時間くらいでした。

別の服を買ったお店で仲良くなった店員さんとパシャリ。

ウガンダの首都カンパラ

お姉さんがほっぺにチュッてしてくれました。

ぴっぴ

ショッピングは地元の人とコミュニケーションをとる良い機会になるので大切にしています。



アフリカ布はネット販売もされています。
なんでこうも可愛いんやろう。

赤道に行ってみた

赤道直下の国、ウガンダ。

カンパラから赤道までは32kmで、気軽に赤道まで行くことができます。

赤道は国土の一部を通っている国々は、11ヵ国あります。

エクアドル、ブラジル、コロンビア、インドネシア、ソマリア、ケニア、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、ガボン、サントメ・プリンシペ、ウガンダ


赤道へは、”New Taxiパーク”から「マサカ行き」に乗ります。
行き先を“Equator(赤道)”と伝えても通じます。


乗り合いバンに乗り込んだら、隣の席で子どもたちがご飯をもぐもぐタイムでした。

ウガンダの首都カンパラ

約2時間後…ついに赤道に到着~!
テンションがあがります。


そしてついに赤道をまたぎました!
私の右足は赤道より南、左足は赤道より北にあります。

ウガンダの赤道

貴重な経験だ~!

ぴっぴ

「赤道に行った」という証明書も発行してもらえます。

ウガンダの赤道

赤道が通るカフェがありました。

赤道をしめす黄色のラインがカフェを突き抜けています。

ウガンダの赤道
ポン

「赤道カフェ」ってすごい!


店内に入ると、赤道上にテーブルを発見。

赤道でばったり出会った日本人の女の子と、このテーブルでランチしました♪

ウガンダの赤道

出会いの場が「赤道」って、ちょっとかっこよすぎませんか?笑

警察官オジョビラとの出会い

赤道からの帰り道

ぴっぴ

カンパラに戻るバスを探していたら、とあるウガンダ人男性が声をかけてくれたんです。


“このバスに乗ってもいいぜ”

彼はオジョビラという名前の警察官でした。

ウガンダでの出会い

お礼を言ってバスに乗ると、スポーツウェアを着た複数の男女が「ウェルカム~!」とあたたかく迎え入れてくれました。

私が乗ったバスは、警察官チームで結成したスポーツサークルの送迎バスだったようです。

ぴっぴ

彼らもカンパラまで戻るということで、好意で乗せてくれたんです。
ありがたや~!



オジョビラは、警察官としてのお仕事のかたわら、本格的なバンド活動をしているのだそう。

彼の曲が入ったCDをプレゼントしてくれました。

ぴっぴ

おぉーすごい!
本格的なアルバムだ!

ウガンダでの出会い

カンパラまでの2時間のあいだ、バスのなかでいろんな話をしました。
ウガンダのこと、日本のこと、アフリカの貧困のこと。

私の旅のこと、お金がなくてやりたい事業が始められないというオジョビラの悩みについても。

語り合うなかでオジョビラのことを、とても誠実な人だと思いました。

ぴっぴ

そこで私は、ずっと心のなかでひっかかっていたことをオジョビラにぶつけることにしたのです。

聞きたいことがあるの。
世界的にみると日本は裕福で、だから私は今こうして旅ができてると思う。

でも裕福じゃない国の人からしてみれば、私が世界一周の話をすることや、旅をしている様子を見せてしまうこと自体で、不快な思いをする人がいるんじゃないかと不安になる。

正直に言ってほしい。
あなたは私の旅の話を聞いて、どう感じてる?

するとオジョビラはこう答えてくれました。

俺は素晴らしいことだと思ったよ。
いろんな世界を知って、色んな人に会って。

確かに俺にはそんなことできないから羨ましいよ。

だけどウガンダに来てくれて嬉しいし、君がもし旅してなかったら俺たちは出会えなかっただろう?



全ての言葉が彼の本音かどうかはわかりません。

でもオジョビラの言葉は私の心を軽くするには十分すぎるものでした。
オジョビラ、ありがとう。

ぴっぴ

ちなみにオジョビラとは、3年以上経った今でもたまに連絡を取り合っています。

「あしながウガンダ心塾」を訪問

ウガンダで出会った日本人の女の子にご縁をいただき、国際NGOあしながウガンダが設立した「あしながウガンダ心塾」を訪問させていただきました。

あしながウガンダ
『あしながウガンダ』とは

2001年に設立された現地NGO

エイズ遺児らに対し心理・教育サポートなどの支援を行い、将来的に彼らが国や地域を担っていくリーダーへと育てていくことを目指している。

2015年にはエイズ遺児だけでなく、病気や事故などで親を亡くした子どもたちの支援も開始しました。

参考:ウガンダ心塾HP


「あしながウガンダ心塾」では、アフリカのサハラ以南の国から各国約1名ずつ優秀な学生を選出し、彼らの高等教育の支援を行っています。

ぴっぴ

ここにいる学生はみな、エイズや戦争などで両親を亡くした子供たちです。



この施設は学生たちの学校であり寮でもあります。

様々なジャンルの学習指導に加え、海外留学に必要な知識・習慣の習得、大学進学に向けた準備など全面的にサポートしています。

現在寮には24名の学生さんが住んでいるとのことでした。

あしながウガンダ

先生と生徒がマンツーマンで勉強をための部屋です。

あしながウガンダ

欧米からきたインターン生が指導をしています。

キッチンでは1人の寮母さんが70食分の食事を作っているそうです。

あしながウガンダ

学生用ドミトリーです。

あしながウガンダ

施設運営でぶち当たる大きな壁は「文化の違い」とのこと。

アフリカ出身の学生たち、欧米出身のインターン生、日本出身の運営者。

それぞれがまったく違うバックグラウンドや文化や習慣をもっているので、すり合わせがとても難しいという話でした。

あしながウガンダ

学生たちの未来

農村出身の学生は、インフラ整備や土木建築の仕事がしたいという子も多いそうです。

あしながウガンダ心塾からは早稲田大学など日本の大学に留学している子もいます。

アフリカの未来を担う人材として彼らがどう羽ばたいていくのか。

ポン

将来がすごく楽しみだね。



お忙しい中施設を案内をしてくださった職員の方には心から感謝です。

以上が「首都カンパラ編」です。

アフリカのイメージが覆される日々

ぴっぴ

旅する中でたくさんの優しさにふれて、私のアフリカに対するイメージはどんどん変わっていきました。

また「貧しい地域を旅する」なかでいろんなことを考えさせられました。


ウガンダの旅はまだまだ続きます。

次は「フォートポータル編」です。




スポンサードリンク

>