中南米

【負の遺産から学ぶ】ボリビア・山岳都市ポトシの栄枯盛衰【鉱山ツアーで見た過酷労働】

【負の遺産から学ぶ】 ~鉱山ツアーで見た過酷労働~ (4)

南米の国ボリビアの「ポトシ」という都市の名前を聞いたことがあるでしょうか。

ポン

ポトシ?



ポトシはかつてスペインの植民地時代に金銀が発掘され、栄華を極めました。

しかしスペインに搾取され続けたポトシの資源は枯渇していき、残されたのは荒れ果てた大地でした。

今回はそんな壮絶な歴史をもつポトシの「鉱山ツアー」に参加したときの話です。

ぴっぴ

現地で目の当たりにしたのは、劣悪な労働環境で働く鉱夫たちの姿でした。



それはかつてのスペイン植民地時代における奴隷制度の名残。

その歴史は現代にも暗い影を落とす負の遺産となっています。

鉱山ツアーで体験した一部始終をお伝えし、私が見聞きしたリアルを皆さんとシェアしたいと思います。

この記事で分かること
  • ボリビアってどんな国?
  • ポトシの歴史
  • ポトシの鉱山ツアー概要
  • ポトシの鉱山で働く鉱夫たちの今
スポンサードリンク

ボリビアってどんな国?

ボリビアという国について、あまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

ポン

ボリビアのウユニ塩湖のことは知ってるよ。
綺麗だよねぇ~。

ぴっぴ

私は2016年にボリビアにおよそ40日間滞在していました。


多民族国家であるボリビアには先住民文化が色濃く残り、場所により特色は様々です。

ボリビアってどんな国?
  1. 首都はラパス(憲法上はスクレ)
  2. 国土面積は日本の約3倍
  3. 先住民41%,非先住民59%
  4. 言語はスペイン語・ケチュア語・アイマラ語を中心先住民言語36言語
  5. 国民の95%以上がカトリック教徒
  6. 主要産業は天然ガス、鉱業(亜鉛・銀・鉛・錫)、農業(大豆・砂糖・トウモロコシ)

参考:ボリビア基礎データ/外務省

ボリビアは、ペルー、チリ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの5ヶ国に取り囲まれた内陸国です。

国土の大部分は4,000m級の山が連なるアンデス山脈とアマゾン熱帯地域が占めています。

標高約3,600mのラパスは、世界最高所の首都として知られています。

ぴっぴ

大きなすり鉢状になった都市ラパスの景観は圧巻でした。

ポン

綺麗~!!


こちらはルレナバケという所で参加したアマゾンツアーの写真です。
ボリビアからアマゾン川に行くことができるんです。

ボリビアは南米のなかでも特に先住民の人口が多い国です。
民族衣装に身を包んだ人々の姿を多くみかけます。

特に印象的なのは女性。
腰まで届くほどの長い黒髪を三つ編みにしています。



山高帽、裾の広がったロングスカート、色鮮やかなショールを羽織っていうる姿が特徴的です。

これらの民族衣装はスペイン統治時代の名残

ボリビアの先住民の文化とスペイン文化が融合しています。

ぴっぴ

ボリビアの女性がかぶっている山高帽は、シルクハットが紀元なんだとか。

ポン

面白い国だね。
なんだかすごくボリビアに興味がでてきたよ。

鉱山の町ポトシの光と影

標高4,090mのアンデス山中にあるボリビアの山岳都市、ポトシ

ぴっぴ

ポトシはウユニ塩湖までの起点となる場所でもあります。

スペイン植民地時代の面影が色濃く残り、コロニアル様式の美しい街並みは世界遺産に登録されています。

ぴっぴ

私は乾季の6月に訪れたのですが、めちゃくちゃ寒くて震えました。

ポトシにはもう1つの世界遺産があります。
それが、『セロ・リコ銀山』です。

ポン

せろ・りこ?


「セロ・リコ」はスペイン語で「豊かな山」という意味です。

スポンサードリンク

資源を搾取され続けたポトシの歴史

かつて『セロ・リコ』はその名のとおり、潤沢な資源がありました。

スペイン統治時代には金や銀が大量に採掘されて繁栄を極め、ポトシの人口は一時20万人を超えました。


繁栄のピーク時には、中南米における三大銀山に数えられるまでになったのです。

しかし実際に豊かになったのはスペイン人でした。


スペインがポトシの富を吸い上げる一方、多くの先住民であるインディオやアフリカ人奴隷が強制的に働かされました。

ポン

そんな、ひどい・・・



一説には800万人もの人の命が犠牲になったとされ、セロ・リコは「人を喰う山」として恐れられました。

しかしその資源も徐々に失われ、19世紀にはすっかり銀が枯渇してしまいました。

スペイン人は植民地の資源が枯渇すると、荒廃した町だけを残し去っていったのです。



鉱山都市ポトシの栄枯盛衰
  1. 1533年▶インカ帝国滅亡(征服の歴史始まり)
  2. 1545年▶ポトシ銀山発見
  3. 1546年▶「鉱山の町」ポトシ設立
  4. 16世紀末~17世紀前半▶スペイン統治下にて金・銀の開発進み人口はピークに。インディオやアフリカ人奴隷の過酷労働。
  5. 19世紀初頭▶銀の枯渇や独立に伴う戦乱で荒廃が進む。
  6. 19世紀末▶錫(すず)が大量発掘、鉱山の活気を少し取り戻す(現在では錫もほぼ枯渇)。    
  7. 1987年▶「ポトシ市とセロ・リコ」が世界遺産に登録
  8. 2014年▶危機遺産リストに登録

参考:Wikipedia

いっとき錫(すず)が新たに発掘されて活気を少し取り戻しましたが、現在ではその錫も枯渇してしまいました。

ぴっぴ

セロ・リコは、『奴隷制度の象徴』として負の世界遺産に数えられています。


2014年には無秩序な採掘が続いていることから「危機遺産リスト」にも登録されてしまいました。

そしてセロ・リコには、今もなお過酷な労働を続けている坑夫がいます。


ぴっぴ

私は「鉱山ツアー」に参加して、その鉱夫たちに会ってきました。

ポトシの鉱山ツアーとは

私がポトシを訪れたのは、鉱夫たちが働く様子が見学できるという「鉱山ツアー」に参加するためでした。


実はこのツアー、かなり過酷でリタイヤする人も出るという噂。

ぴっぴ

不安はありましたが、どうしても現状を知りたくて参加を決めました。

ツアーで訪れる鉱山は、あのセロ・リコ

ポトシの鉱山ツアー
  • 英語・スペイン語のガイドあり
  • 所要時間は約4時間
  • 作業着に着替えての参加


鉱山ツアーの様子

ぴっぴ

ツアーの一部始終をお伝えします。

坑道内は視界が悪く、撮った写真はぼやけて見づらくなっています。


ツアー参加者は全員で9名
アジア人は私1人でした。


まず坑道に入るための準備をします。
上着、長ズボン、長靴、ヘッドライトを装着します。


坑道の中は空気が悪いため、口を覆うためのバンダナを持参することも必須です。

次に鉱夫御用達の店に行き、ツアー参加者同士でお金を出し合って、坑夫達へのお土産を購入します。


お土産として購入するのは、何と本物のダイナマイト
150円ほどで買えるそうです。

ポン

だ、ダイナマイト!?



点火したら5分ほどで爆発するので、ひたすら逃げるのだそう。

ぴっぴ

ジョークですが、ダイナマイトでポンって頭を叩かれて「ヒィイー!」ってなりました。


その他、ジュースやアルコール度数96度のお酒なども用意します。

次に、銀の精製工場を見学しました。
こちらの工場では、銀山で採掘した石から銀を取り出すという作業が行われています。

取れたもののほとんどはゴミだそうですが、その中には確かにキラキラ光る銀が含まれています。

ポン

ほんとだ、キラキラしてる・・・。



そしていよいよセロ・リコへ。

いざ、坑道のなかへ。

坑道内は天井が低い場所が多く、身長150㎝以下の私でも腰をかがまなくてはいけません。


中は薄暗くて視界が悪く、ヘッドライトの明かりなしでは前へ進めないほどです。

辺り一面には凄まじい量の粉塵が舞っています。


バンダナで鼻と口を覆わないと、まともに息が吸えません。

坑道内にはパイプが通っており、外から酸素が送り込まれています。


どんどん奥の方へ進むに従って急激に気温が上昇していきます。

坑道内の岩には、グロテスクな物体が至る所に付着しています。



ガイドさんによると、場所によってはアスベストなどの有害物質があるそうです。

坑道内は歩くだけでかなりの体力を消耗します。


「落ちたら一貫の終わり」というような細い木の上を歩いたり。


こんな危険な労働環境ですが、鉱夫たちに何かあっても保証はありません

不安定なはしごを登り降りしたり。


ツアーといえど、参加者にもかなりの危険が伴います。

ポン

日本だったら確実にアウトなレベルだよね。

時折、鉱夫達がもの凄いスピードで、鉱山物を乗せたトロッコを押して駆け抜けていきます。



鉱山内には食べ物を持ち込まない習慣があるようで、彼らは昼食もとらずに働き続けます。



日給はなんと、たったの3ドル程度

坑道内で会った鉱夫達にお土産として持参したアルコール、ダイナマイトやジュースなどを渡しました。

彼らはコカの葉を口に含んで頬をいっぱいに膨らませた状態で仕事をしています。



コカの葉やアルコール度数96度の酒で、疲労・空腹・高山病を紛らわします。


そうでもしないとやってられない、そんな環境です。

鉱夫達の中には若い男性も多く見られました。

ぴっぴ

13・14歳頃から坑道に入り経験を積んでいくんだそうです。


彼らは基本的に3交代で8時間ずつ働いているそうです。

電動ドリルで坑道を掘り進める作業を見せてくれると言います。


急な傾斜の岩をやっとこさよじ登り、その作業を見ようとすると…

凄まじい粉塵!
粉塵で視界が真っ白になり、目を開けることができず、呼吸もできません。

ぴっぴ

こんな過酷な作業を長時間続けるなんて、私にはとても考えられません。



粉塵で胸を悪くし早死にする人も多いそうです。

坑道内の奥には、安全の神様「ティオ」がいます。

鉱夫たちは出勤時と出社時にティオに挨拶をします。

ティオの口にタバコをくわえさせ、お酒を捧げて機嫌をとるのです。


2時間半ほど坑道内を歩き続け、ようやく外へ出ました。

ただでさえ標高が高い場所なのに、それでも外は酸素が豊富にあると感じます。

参加者9名全員無事に生還できました。


たった2時間でもこんなに苦しかったのに、毎日ご飯抜きで8時間労働をしている坑夫たち。

ぴっぴ

その過酷さは想像以上のものがあるでしょう。

かなり過酷な内容のツアーなので、高齢の方や体調に不安がある方には絶対におすすめできません。

ポトシの今

一日たった3ドルの給料のために、危険を伴う過酷な労働環境で、残された銀や錫を掘り続ける働き続ける労働者たち。


そこまで身を削って働くのは、貧しい先住民たちにとって生きるために必要なお金を得るための限られた手段だからです。

今なおポトシ銀山では多くの先住民が働いており、そこから採掘された資源がボリビア経済を支えているという事実があります。


コロンブスによる新大陸の発見以降、植民地支配され翻弄され続けた中南米の国々には深い爪痕が残っています。

ポン

現実を知ると、考えさせられることばかりだね…

もっと世界を知り、学ぼう

様々なことを考えさせられたポトシの鉱山ツアー


粉塵で顔を真っ黒にした鉱夫たちと、自由気ままに旅をしている自分との間にある大きなギャップ。

ぴっぴ

「世界は理不尽だ」と痛感せざるを得ませんでした。



豊かで多様な選択ができる日本に生まれた私は、間違いなく運が良い

でも、その運に甘んじずに精一杯生きる努力ができているだろうか

そのようなことを見つめ返すきっかけにもなりました。

世界は繋がっています。


歴史を学び、今起きていることを知り、世界はこれからどうあるべきなのかを個人で考えることは、とても大事なことです。

ぴっぴ

私ももっと積極的に世界を知り、学びたい。
そう強く思いました。


今後、ポトシの鉱夫たちの暮らしが少しでも良くなることを願ってやみません。

スポンサードリンク

>