教材・ツール

最強の無料翻訳サービス『DeepL翻訳』【Google翻訳と比較し徹底検証】

最強の無料翻訳サービス『DeepL翻訳』【Google翻訳と比較し徹底検証】

今回は、2020年3月よりサービスが開始された無料翻訳サービス『DeepL翻訳』の紹介をします。

 

ぴっぴ

なんと「Google翻訳」を超えるほどの精度の高さなんだそうです。

ポン

え!
あのGoogle翻訳超え!?

スポンサードリンク

「DeepL翻訳」とは?

「DeepL翻訳」はドイツのDeepLという企業により開発された、ディープラーニング(深層学習)を使ったAI翻訳サービスです。

2017年8月にサービスが開始されたときは、英語やヨーロッパの言語のみの対応でした。


しかし2020年3月19日、日本語と中国語が新たに加えられ、日本人向けのサービスがスタートしたのです。

現在DeepL翻訳では、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・ポーランド語・ロシア語・日本語・中国語の11言語に対応可能です。

ポン

AI翻訳ってなんかかっこいい!
どのくらいの精度なるか気になる~

DeepL社では、DeepL翻訳が求める翻訳基準を満たしているかを確かめるため、ブラインドテストを実施しました。

「DeepL翻訳」で訳した文章Googleなど他のサービスで訳した文章を並べ、翻訳システムの名前を伏せた状態で、社外のプロの翻訳者に評価してもらうというものです。


その結果がこちら。

無料翻訳サービスDeepL

(出典: DeepL実施 「DeepL翻訳ブラインドテスト」


DeepLが提示したグラフにより、「DeepL翻訳が最も高い評価を得た」という結果報告がなされています。

(※科学的に実証されているというわけではないそうです)

ポン

すごい。
DeppLの精度が突出してる…!

「DeepL翻訳」の使い方

使い方はGoogle翻訳と同じ要領です。
まず、「DeepL翻訳」にアクセスします。



するとこのような画面が表示されます。

無料翻訳サービスDeepL
DeepL翻訳の基本操作
  1. 画面左側の「原文」翻訳したいテキストを貼り付けると、画面右側の「訳文」に翻訳した文章が表示され

  2. うまく言語が認識されない場合は、「原文の言語」をクリックして手動で変更する

ぴっぴ

実際に「DeepL翻訳」を使って、「Google翻訳」と比較をしていきます。

DeepL翻訳とGoogle翻訳の精度比較

スポンサードリンク

新聞記事

まずは新聞記事の翻訳です。


こちらは先日2020年4月6日に配信されたThe Japan Timesの記事で、「コロナリスクに対する日本政府の緊急事態宣言」に関する内容です。

After weekslong pressure from public health officials and lawmakers, Prime Minister Shinzo Abe said Monday the government would declare a state of emergency as soon as Tuesday covering Tokyo, Osaka and five other prefectures amid the growing outbreak of COVID-19, in a step that will empower prefectures to take restrictive measures. 

The prime minister is slated to designate authorities in the seven prefectures subject to emergency measures. The declaration also will cover Kanagawa, Saitama, Chiba, Hyogo and Fukuoka prefectures, Abe said in a briefing at the Prime Minister’s Office. 

“(The declaration) is estimated to last a period of one month,” Abe said. “This state of emergency declaration is to ensure the medical care system stays intact and to ask for even more cooperation from the public to avoid contact with each other to reduce infection as much as possible.” 

He also said the government will offer more than ¥6 trillion in direct cash payments as part of an economic package. 

The emergency declaration comes after Abe and top government officials resisted opting for the drastic measure, reasoning that the country was not yet at a critical point amid the global pandemic.

引用元:The Japan Times “Japan state of emergency to cover Tokyo, Osaka and five other prefectures”


まずは、Google翻訳

無料翻訳サービスDeepL

ポン

少し違和感を感じるところもあるけど、十分内容は理解できるね。



それではDeepLはどうでしょうか。

無料翻訳サービスDeepL
ポン

すごい!
Google翻訳より自然な翻訳になってる!



例えば”economic package”はGoogle翻訳では「経済パッケージ」と訳されているのに対し、DeepL翻訳では「経済対策」とよりナチュラルな表現になっています。

著名人のスピーチ

続いて、スピーチです。



2005年のスタンフォード大学卒業式で行われた、スティーブ・ジョブズの有名なスピーチの一部分を翻訳してみます。

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life. Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart; even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference.

参考: スティーブ・ジョブズ 感動のスピーチ全文



まずは、Google翻訳

無料翻訳サービスDeepL


続いて、DeepL翻訳

無料翻訳サービスDeepL
ポン

やっぱりDeepL翻訳の方がナチュラルで読みやすい気がするよ。

Google翻訳がなんとなく機械的な翻訳になっているのに対し、DeepL翻訳はまるでスティーブ・ジョブズ本人が日本語で話しているかのような自然な文章になっています。

ぴっぴ

というか、ほぼ完璧な気がする・・・

日常会話

最後に、日常会話
私が適当に思いついた下記の文章を翻訳してみました。

  • 3日前彼女に振られちゃったんだ
  • テレビの音量もうちょっとさげてくれない?
  • 買い物行くついでに郵便局寄ってくるね
  • このジュース、賞味期限大丈夫?
  • 最近忙しくて、ちょっと疲れちゃったな
  • 二次会のカラオケに行ける人いますか?
  • この前また保険料が値上がりしたらしいよ
  • このオムライスはトロトロしていて美味しい
  • 最近Youtubeで猫の動画にはまっているんだ
  • やばい、カメラが故障したかもしれない
  • コップになみなみと水を入れすぎて溢れちゃった
  • 美しい江戸時代の街並みが残っているんだよ
  • え、まじで?
  • いやいや、ありえないでしょ
  • なんでやねん

まずはGoogle翻訳。
(日本語と上下で見比べる感じになってしまってごめんなさい)


そして、DeepL翻訳


完璧とは言えませんが、DeepLの翻訳精度はかなり高い印象です。



オムライスの「トロトロ」とか、「やばい」とか、「ありえない」などの口語的な表現にも想像以上に適応してくれています。

ぴっぴ

Google翻訳よりDeepL翻訳の方が表現が豊かでナチュラルだなと感じました。

ポン

日常のコミュニケーションとしてもかなり使えそうだね♪

無料版と有料版の違い

2020年6月16日、DeepLの有料版サービス「DeepL Pro」が日本国内向けにスタートしました。

StarteradvancedUltimate
個人向け(年払い月額)1,200円3,800円7,500円
個人向け(月額)750円2,500円5,000円
ポン

無料版と有料版はなにが違うの?


DeepL翻訳の無料版は、一度に翻訳できる文字数は5000文字以内という制限があります。

一方、有料版「DeepL Pro」にすると文字制限がなくなります。


またWordやPowerPointなどの文書をそのフォーマットのまま翻訳することができます。

まとめ:「DeepL翻訳」は超優秀だった

DeepL翻訳を実際に使って検証した結果、Google翻訳越えの精度が高い日本語訳ができたので驚きました。


まだ翻訳した文章をそのまま使えるというレベルではないのですが、今後さらにAIが進化して精度がさらに高まっていくことを期待します。

ぴっぴ

現在私は英語の読み物を読む際に、DeepL翻訳を使いまくってます。
ほんと精度高くて助かってますよ~♪


ビジネスでもプライベートでも、普段英語に触れる機会が多い方は、ぜひ「DeepL翻訳」を試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

>