リゾートバイト

【リゾバ体験談】和歌山県・南紀白浜のリゾートホテルで3か月間の短期住み込みリゾートバイト

【リゾバ体験談】 南紀白浜のリゾートホテルで 3か月間の短期住み込みリゾートバイト (2)

日本各地のリゾート地で住み込みで働くリゾートバイト』


今回は、和歌山県の『南紀白浜』のリゾートホテルにて3か月間働いた私のリゾバ体験をお話します。

ぴっぴ

3か所のリゾート地で8カ月間のリゾバ経験があるぴっぴです。


白浜ではレストランホールのスタッフとして働きました。

「リゾートバイトって何?」という方は「まとめ編」もあわせてお読みください。



この記事ではこのような疑問にお答えします。

  • リゾートバイトってどんなもの?
  • 白浜って住みやすいの?
  • 寮生活って快適なの?
  • レストランホールの仕事ってどんな感じ?
  • 3か月働いたらどのくらい稼げるの?
  • 英語で接客はできるの?
  • 休日は何して過ごせばいいの?
  • リゾバの人間関係ってどんなかんじ?

白浜の最大の魅力はなんといっても「美しい海と温泉」

短期間でガッツリお金を稼げただけではなく、風光明媚な白浜の魅力を大満喫することができました。

また私のリゾバ史上最大の事件(お局さんとの対立)があったので、それについても赤裸々にお話させてもらいます(笑)。


ぴっぴ

私の体験談が、白浜リゾバを検討中の方にとって何か参考になれば嬉しいです。

\1番おすすめの派遣会社/

アルファリゾート公式サイト

スポンサードリンク

白浜は海と温泉のリゾート

ポン

白浜って一体どんなとこ?


白浜は和歌山県南西部の位置する町です。

千葉県などにもある「白浜」という地名と区別するために、南紀白浜と呼ばれています。

新大阪から「特急くろしお号」で2時間半。

東京から南紀白浜空港へは約75分間のフライトです。

南紀白浜は古くから温泉地として有名です。

白浜温泉は、「有馬」「道後」と並ぶ日本三古湯のひとつ。

飛鳥・奈良時代から多くの宮人が訪れたという名湯です。

ポン

え!そんな昔から有名なの!?

白浜といえば、真っ白な砂浜にコバルトブルーの海が美しい「白良浜(しららはま)」

夏にはカラフルなパラソルがビーチを鮮やかに彩ります。

ぴっぴ

白良浜はハワイの「ワイキキビーチ」の友好姉妹浜にもなっています。

【リゾバ体験談】 南紀白浜のリゾートホテルで 3か月間の短期住み込みリゾートバイト

「古くから伝わる名湯」と「美しい海」が多くの人を虜にしてやまない白浜は、観光地として大人気です。

アルファリゾートで派遣先(白浜)を決定

前回の宮島リゾバで利用した派遣会社「アルファリゾート 」の対応が良かったので、今回もお世話になることにしました。


宮島リゾートバイト編はこちら▼▼


アルファリゾートの特徴
  1. 時給が高い
  2. 「温泉地の求人数」業界No.1
  3. 個室寮が多い
  4. 福利厚生が充実
  5. 1か月未満の短期求人はほとんどない

私が伝えた求人の希望条件は、前回の宮島のときとほぼ同じです。

求人の希望条件
  1. 食事付き
  2. 寮は完全個室
  3. 派遣の人数が多め


7月~9月の求人紹介をお願いしたところ、「アルファリゾート 」の担当者から全部で6件の求人をもらいました。


当初は関東や九州の勤務地にしようかと思っていたんですが、結局白浜に決めました。

ポン

なぜ白浜を選んだの?


白浜を勤務地に選んだ理由の1つは、「夏の白浜」に魅力を感じたからです。


あのコバルトブルーの海と真っ白な砂浜のビーチリゾート。

ぴっぴ

6年前に母と夏の白浜を訪れたことがあり、「とても素敵な場所だなー」と思った記憶がありました。


白浜の求人内容は、リゾートホテルのスタッフとのこと。

過去に接客のバイト経験はありましたが、リゾートホテルで働くのは未経験です。

前回の宮島リゾバでは旅館の仲居だったので、気分を変えて新しい仕事にチャレンジするのいいかなと思いました。

白浜リゾバの住環境

スポンサードリンク

古い寮でも慣れれば都

今回も前回の宮島同様、住み込みの寮生活になります。

ポン

白浜のはどうだった?


宮島の寮は新築の大当たり物件でしたが、白浜の寮はお世辞にも決して綺麗とは言えない老朽化が進んだ建物でした(笑)。

部屋は個室で、テレビ、エアコンがあります。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮
ぴっぴ

1人時間が絶対必要な私にとって、完全個室は絶対に譲れない条件です。


収納はほとんど無い。

ベッドのマットレスが薄くてかたくて驚きました(笑)。

ぴっぴ

「こんなベッドでちゃんと寝れるかなー」って、失礼ながらすごい不安でした。

ミニキッチンには電気コンロと冷蔵庫が付いています。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮

浴室はユニットバスです。

水ハケが悪く、1日に使えるお湯の量は浴槽の半分くらいまでです。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮

洗濯機は共同です。


机がないのでスーツケースで代用します。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮
ポン

ナイスアイディア!笑



最初は「ここで3か月間生活するの厳しくないか?」と正直思ったんですが、最初の数日間で慣れて住めばまあまあの都でした。


ぴっぴ

自分の居心地が良い空間にアレンジしていくのも結構楽しかったりします。

コンビニ・スーパーへのアクセス

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮

私の寮から勤務先のホテルまでは歩いて10分ほどの距離でした。

寮から1番近いコンビニへは徒歩10分、スーパーへは徒歩20分。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮からコンビニまで

リゾバ生活には必要不可欠「WiFiルーター」

前回の同様、Wi-Fi環境はありませんでした。


そこで白浜でもWi-Fiを容量無制限で使えるSoftbank Airをレンタル。

そのおかげでデータ容量を気にすることなくネットを使いまくることができ、しかも速度もサクサクで快適でした。

ただSoftbank Airは割と大きくて邪魔だったので、小ぶりなポケットWiFiもアリだと思います。

>>>SoftBank レンタルポケットWi-Fi

朝・夜の豪華な2食付き

食事は「朝・夜の2食付き」でした。

ぴっぴ

ご飯はいつも本当に美味しくて、毎日楽しみでした。


とにかくバラエティ豊富で、不足しがちな野菜も用意してくれています。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの食事

甘いパンやスムージーが出てくる日もあって、これがめちゃくちゃテンション上がります(笑)。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトの寮
ポン

すごい豪華~!!

ぴっぴ

美味しくてたくさん食べちゃうから、ここでも太る人続出だったよ。

勤務先の温泉に入れる

勤務先のリゾートホテルの温泉には自由に入ることができました。

お休みの前日の夜などは、とろとろの湯にゆっくり浸かって、心身ともに癒されていました。

ポン

いいなぁ…

白浜のリゾートホテルでの仕事内容

レストランホールと和会席ホールを掛け持ち

白浜のリゾートホテルでは、

  1. レストランホール(朝・夜)
  2. 和会席ホール (夜のみ)

2つの会場を掛け持ちしていました。


仕事は主に以下のような内容です。

レストランホール(バイキング)

  1. 会場セッティング
  2. お客様をお席へアテンド
  3. ドリンクオーダー
  4. 下膳
  5. 清掃・片付け

レストランの仕事は体力的にかなりハードでした。

大型ホテルなのでとにかく客数が多く、それをさばいていかなければいけない。

おもてなしというよりはとにかくスピードを要求され、部活動みたいな雰囲気の体育会系のお仕事でした。

また単純作業が多く、責任を感じる場面も少ないという意味では気が楽でした。

ぴっぴ

ただ私はトロくて機転も利かないので、レストランのお仕事は不向きだったと思います(笑)。


レストランホールの仕事はみんなで一致団結して和気藹々と働ける環境であったので楽しかったです。

和会席ホール (コース料理)

  1. 料理配膳
  2. ドリンクオーダー
  3. 下膳
  4. 清掃・片付け

和会席ホールはレストランホールに比べると、比較的ゆったりした雰囲気。

コース料理なのですが、一品一品をテーブルに運び、お料理の説明などをします。

「前半はレストランホール、後半は和会席ホール」というふうに2つの会場を行ったり来たりということがザラにありました。


勤務時間

出勤時間は基本的にこんな感じでした。

  1. 午前(7:30〜11:00)▶  朝食バイキング
  2. 中抜き休憩(11:00〜16:30)▶ 昼食、昼寝
  3. 午後(16:30〜22:00)▶ 夕食バイキング or 和会席

前回の宮島リゾバと違うのは、中抜け休憩が長いこと、朝出勤が遅めなこと、夜終わるのも遅いという点です。


休日は月平均で7日でした。

ぴっぴ

希望休を出すと、基本的に100%考慮して頂けました。

>>>旅館の仲居をするならアルファリゾート

白浜リゾバの人間関係

ポン

今回の人間関係はどうだった?

派遣メンバーは良い人ばかりだった


白浜の派遣先の人間関係は、トータル的にとても良かったです。

大型ホテルなので従業員の数が多く、また正社員よりも派遣の割合が圧倒的に多かったです。

派遣メンバーは良い人ばかりで恵まれていました。


ぴっぴ

個性豊かで楽しい派遣仲間たちだったので、一緒にワイワイと働けてとても楽しかったです。


年齢で言うと、25歳~30代の人がもっとも多かったです。

レストランホールの社員さんも良い人ばかりで大好きでした。

社員のお局さんとの対立

しかし、人間関係は往々にして100%オッケーとはいかないもの。

レストランホールの職場環境は良かったのですが、和会席ホールには問題がありました。

それが原因で私のリゾバ史上最大の事件が起きてしまいます。

えっ・・・!


和会席の会場は、癖の強い2人の女性社員さんが仕切っていました(笑)。

この40代と50代のお局さんが本当に厄介だったんです。

ぴっぴ

口が悪くてすみません。



どうやら私はこの2人に嫌われていたようで、「挨拶しても無視される」「理不尽な理由で怒られる」などとにかく当たりが強くて。

私は要領が悪いし不器用なので、面倒もたくさんおかけしていました。

それを加味しても納得がいかないことが多かったです。


ポン

で、どうなったの・・・?


最初の1ヶ月は、私にも至らないことが多かったし、理不尽なことを言われても我慢していました。


しかし2ヶ月目に入ったある日、遂に私はプッツン。

キレた。笑

ぴっぴ

また理不尽なことを言われて本当に腹が立ってしまって、泣きながら(←私の悪い癖)これまでの不満を伝えました。



「挨拶を返してくれないのが不満」とか「理不尽なことで怒られるのがストレス」とか、かなりぶちまけたと思います。


ポン

わぉ、結構言ったね…(笑)


お局2人からは「アンタがお子ちゃますぎる」と2対1の構図でコテンパンに言われました。

彼女たちの言い分には正直全く納得いかなかったんですが、時間はすでに22時。

早く帰りたかったので渋々「納得しました」といって帰宅しました。


ぴっぴ

その夜は「\(^o^)/オワタ」と絶望的な気持ちになりましたよ。

ポン

ぴっぴ、やっちまったね。
それでどうなったの?


やらかしちゃった、もうここで続けられない…

そんなどん底な気持ちで憂鬱な顔をして次の日仕事場に行くと、なんとお局さん2人の態度が激変していたんです。


ぴっぴ

なんと、めちゃくちゃ優しくなってました!

ポン

なんと!



私のことを突然褒めてくれたり、あまりにも変わりすぎて怖かった記憶があります(笑)。

まぁ何はともあれ、私がキレて不満をぶちまけた日を境に、以前よりずっと働きやすくなりました。


ぴっぴ

一時はどうなるかと思いましたが、無事に任期満了できて本当に良かったです。


これは今振り返っても、リゾバ史上最大の事件でしたね(笑)。

自分の人間としての未熟さを痛感するとともに、「やっぱり私図太いわ」と妙に感心したのでありました。

ポン

結果オーライ!笑


派遣先を選ぶとき、派遣会社に「人間関係はどんなかんじですか?」「雰囲気はどうですか」「派遣さんは任期満了してますか?」などと確認されることをおすすめします。

可能なかぎり答えてくれるはずです。

白浜リゾバの貯金額

私のリゾートバイトにおける最大の目的は「貯金」

白浜ではどのくらい貯金することができたのでしょうか。

時給は1,050円で、勤務時間が8時間を超えると「残業手当て」として1,313円にアップしました。



結果私は、3か月働いて47万円を貯めることができました。

ぴっぴ

もう少し詳しくお伝えしますね。

お給料(手取り)

保険料を差し引いた各月ごとの手取り金額はこちらです。

1か月目¥180,000
2か月目¥240,000
3か月目¥180,000
合計¥600,000


リゾバ中の支出金額

リゾバ期間3か月分の支出の明細は以下の通りです。

3か月分の食費・交通費・雑費など¥75,000
3ヶ月分の携帯料金(Wifi含む)¥21,500
3ヶ月分の保険料¥30,000
支出合計¥126,500



お給料合計(手取り)から支出合計を差し引きます。

600,000(手取り給料合計)-¥126,500(支出合計)
¥473,500 (貯金額)


貯金額はおよそ47万円でした。

ぴっぴ

想定していた貯金額を上回ったので、すごく嬉しかったです。


「宮島リゾバ」と「白浜リゾバ」の貯金額を合計すると、半年間でおよそ100万円貯めることができました。

ポン

半年間で100万円は、けっこう貯金できたねぇ~。

白浜リゾバで得られた経験・知識

お酒の知識が得られた

白浜リゾバではお酒についての研修を受けさせてもらい、とても勉強になりました。

ぴっぴ

研修教わったことをメモしたノートは大切にとってあります。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトで学んだこと

お酒についてもほとんど無知な私にとっては初めて知ることばかりでした。

こういった学びは今後の人生にも生かせるし、とてもありがたかったです。

英語を使った接客

欧米人観光客が多い宮島ほどではなかったですが、白浜でも海外のお客様に英語で接客する機会に恵まれました。

ぴっぴ

白浜は中国出身の観光客が多かったです。


英語での接客は主に和会席ホールでさせてもらいました。

具体的にはオーダーをとったり、料理や食べ方の説明をしたりするなどです。

こちらの本はめちゃくちゃ分かりやすくて使えます。

和歌山県・南紀白浜リゾートバイトで英語の接客
ポン

海外の人に和食の魅力を伝えられるのはやりがいがあるね

アルファリゾート 」にはオンライン英会話が無料で受けられるサポートがあります。


白浜の休日の過ごし方・観光地めぐり

ポン

休日はどんなことしてたの?


リゾバの最大の楽しみと言えば、観光です。

休日になると、夏の白浜を満喫するためにいろんな場所に出かけていました。


白浜の観光スポット

寮から歩いて20分ほどの場所にある「白良浜」には何度も訪れました。

白良浜

派遣仲間と一緒に泳いだり。

白良浜

大好きなスーパーカップを食べながら夕暮れの空に酔いしれたり。

白良浜

白良浜で花火が打ちあがる「白浜花火大会」

観光客が押し寄せる超ハイシーズンに奇跡的にお休みを頂き、花火を堪能することもできました。

白良浜

職場のパートさんと一緒に白良浜へ。

白浜花火大会

ズドォォォォオーーーン!!!

白浜花火大会

水上花火、「ナイアガラの滝」も圧巻でした。

たーまや~。

白浜花火大会 ナイアガラ

仕事終わりにみんなでかき氷を食べたり。

花火をしたり。

白浜のリゾートバイトで花火
ポン

なんか、青春だねぇ。

白浜の海鮮マーケット、「とれとれ市場」

和歌山のいろんな特産物が豊富に陳列され、試食コーナーも多くて、見るだけで楽しいです。

とれとれ市場

個人的なおすすめは、白良浜前に位置するお店「デリカフーズ ヨネダ」

デリカフーズ ヨネダ

一品一品のお惣菜がとてもおいしくて、新鮮なカツオのたたきやフルーツもあります。

休みの日はしばしばここでランチしていました。

デリカフーズ ヨネダ カツオのたたき

自転車で「千畳敷」「三段壁」にお出かけしたり。

三段壁

寮の徒歩圏内に足湯スポットがあったり、白浜温泉も心ゆくまで堪能しました。

こちらは白浜温泉「長生の湯」

こじんまりとした木造の建物には昔懐かしい昭和の雰囲気が漂っていて、掛け流し天然温泉で肌がスベスベになります。

長生の湯

白浜から少し足を延ばして小旅行

ぴっぴ

白浜から少し足を延ばすと、さらにいろんなスポットが楽しめます。

白浜から車で約2時間半の場所にある「高野山」を訪れたり。

高野山

1泊2日の弾丸で、「熊野古道の旅」にも行きました。

道中で見かけた美しい川。

現地では熊野三山(本宮大社、速玉大社、那智大社)の参拝を達成することができました。

神聖な空気の中で身も心もリフレッシュ!

熊野古道

「湯の峰温泉」も雰囲気が良くておすすめです。

温泉で「ゆで卵」も作りましたよ。笑

湯の峰温泉

「薬湯」は貸し切りでした。

湯の峰温泉
ポン

ぴっぴ、めちゃくちゃ楽しんだね(笑)。


白浜は本当に素敵な場所だったし、初めて知る和歌山の魅力もたくさんありました。

リゾート地で暮らし日常で観光ができるのは「リゾバの最大の魅力」なので、ぜひ満喫しまくってください(*´ω`*)

ぴっぴ

私もここぞとばかりに観光しまくりましたよ♪笑

白浜リゾバの注意点:利便性は良くない

さほど大きな不自由をしたというわけではないのですが、、白浜の利便性は想像していたよりも悪かったです。

車が無いとどこへ行くにも色々と難しい。

観光地めぐりも徒歩圏内だとかなり限定されてしまいます。

ぴっぴ

スーパーの買い出しは、車がある派遣仲間に連れて行ってもらうなどしていました。


ただ私の場合は派遣仲間と共同で自転車が使えたので、休日に飲食店や観光地へ行くのにすごく助かりました。

まとめ

大自然が美しい風光明媚な「白浜」は、特にハイシーズンの夏は稼ぎやすいのでリゾバの勤務地としてかなりおすすめできます。


人間関係では大変なこともありましたが(笑)、今振り返ると「なんだか青春したなぁー」と感慨深い気持ちになります。

ぴっぴ

白浜を去るときは寂しくて泣きました(笑)。


レストランホールの仕事はさほど難しいことを要求されなかったので、リゾバ初心者の方にもおすすめです。

ちなみにホテルにはレストランホールだけでなく、「フロント」「売店」「ベル」「調理スタッフ」など幅広い職種の求人があります。


ポン

フロントとかかっこいいなぁ。


リゾバが気になったら、公式サイトで求人をチェックしてみてくださいね。

現在はコロナの影響で求人が少なく早い者勝ちなので、夏の求人を探しているている方はお早めに。

\1番おすすめの派遣会社/

アルファリゾート公式サイト

スポンサードリンク

>